コミュニケーション研修


メンタルと営業を強化してビジネス加速を
サポートしていますセルフイメージコンサルタント
の岡崎哲也です。
いつもお読みくださり、ありがとうございます。
今日は、コミュニケーション研修を行ってきました。
(先日とあわせて3時間×2日)
実は私、こう見えても前職の半導体会社の時に
コミュニケーションで非常に悩まされていました。
同じ事を言っているのに皆んなに上手く伝わらない。
こっちの方が正しい事を言っているのに上手く伝わらない。
そしてお客さんのところでも、コミュニケーションが上手く
いっているところだと、ちょっとぐらいのミスがあっても
大目に見てもらえます。
でもコミュニケーションが上手くとれていなかったら、
ちょっとしたミスでも問題が大きくなる場合があるのです。
どうやったら、自分に合う人だけでなく、合わない人とも
いいコミュニケーションをとれるのか?
これは人生を楽しく過ごせるかという事にも関係してきますよね。
あなたはそんな人間関係で悩んだりしていませんか?
同僚、部下が心を開いてくれない、上司から目を付けられている、
ビジネスパートナーと関係がギクシャクしている、お客さんのガードを
突破できない、などなど。
この人間関係、コミュニケーションは、メンタルにダイレクトに
影響しますよね。
私は、カウンセリング、セラピー、コーチング、営業などコミュニケーション
を学ぶ中で、そのベースとなるものを理解してきました。
これを早く学んでおけば、もっとスムーズに仕事で成果を
上げる事ができたのにと今更ながら感じています。
そこで今回、私が行ったコミュニケーション研修の内容は、
【私メッセージとあなたメッセージ】です。
別名【IメッセージとYOUメッセージ】とも言いますが、
相手を尊重しつつ、相手の行動を変えて欲しかったり
自分の気持ちを伝えるスキルとなります。
ところであなたは、「あの人はなぜあんな言い方を
するのだろう?」と思った事はないですか?
私達は、通常、あまり言葉を気にせずに使っている事が多いと
思いますが、もしかしたら時には、知らず知らずに相手に
不快な想いをさせているかもしれませんよね。
この自分の気持ちや考えを伝えるコミュニケーション、
【私メッセージとあなたメッセージ】
【IメッセージとYOUメッセージ】
を学んでいくと、
さらに言葉の重要性を感じられると思います。
例えば、
Aさんが会社に遅刻してきた場合
【注意・叱る場合】
■あなた(YOU)メッセージ
「遅刻するなんて、責任感がないんじゃないか!」
■私(I)メッセージ
「君に期待しているのに遅刻して本当に残念だよ」
となります。
あなたメッセージだと、人格全体を否定された感じがして
反発を買いやすいですが、私メッセージだと、Aさん本人は
尊重しつつも”遅刻”という行為だけを指摘しています。
そして私メッセージでは、Aさんは素直に「申し訳ないです」と
いう気持ちになりやすいのです。
【ほめる場合】
■あなた(YOU)メッセージ
「今回の君の仕事は良かったよ」
■私(I)メッセージ
「今回の君の仕事ぶりを見て、私は嬉しかったよ。」
この時、あなたメッセージだと「いえいえ、私なんてまだまだです。
たまたま上手く行っただけです」と相手は答える可能性があります。
それが、私メッセージだと、「私は嬉しい」という言葉をもらって
いるので「いえいえ大したことないです」と答えながらも、
その人には心を開き、「自分を認めてくれてありがとう」という
気持ちになれるのです。
又は、素直に「ありがとうございます」となるかもしれませんね。
このあなたメッセージとは、「あなたは○○ですね」という
メッセージです。
それに対して私メッセージは、「あなたが○○した事で私はこんな
影響を受けて、こんな気持ちになりました」というメッセージとなります。
この【私メッセージ】と【あなたメッセージ】の違いが分かられたでしょうか?
ちなみにあなたは、今までどちらの言葉をよく使われていましたか?
この【私メッセージ】のポイントは、
①.事実(相手の行為や出来事)
又は本人の解釈・言葉
②.その行為による影響
③.自分の素直な気持ち
となります。
今、子供教育の分野でも、このあなたメッセージと私メッセージの
重要性が言われ始めています。
ビジネスや家族、友達関係など、よりコミュニケーションを
円滑にされたいようでしたら、ぜひご活用されてくださいね。
メンタルと営業を強化 岡崎哲也 メンタル営業とは?
メンタルと営業を強化して
ビジネス加速するメール講座

(全10回・無料)