コーチング研修


メンタルトレーニングと営業ノウハウ
ビジネス加速をサポートしています
セルフイメージコンサルタントの岡崎哲也です。
いつもお読みくださり、ありがとうございます。


今回は、【コーチング研修】を行ってきましたので
そちらについてお伝えしたいと思います。
あなたは『コーチング』と聞いてどんな
印象を持たれていますか?
「コーチングって何なのか知らない」
「スポーツ選手のコーチ?」
「質問されるんですか?」
そんな事を思われていませんか?
はい、質問するんです。(汗)
ですが、ちょっとだけ特徴があるのです。
コーチングは、相手の能力を引き出す
コミュニケーション技法なので企業研修でも
人気です。
例えば、部下が相談に来たとします。
部下:「A社の案件で悩んでいるんです。
担当者のSさんがちょっと頑固で・・・・・」
上司:「そりゃやり方が悪いんじゃないのか?」
部下:「じゃあ、どおすれば・・・・・」
上司:「こうすればいいんだよ」
部下:「ありがとうございます」
よくありそうなシーンですね。
部下の話しを充分に聞かずに
このように言ってしまったとしたら、
その部下はこの人に話しても無駄と
感じて心を閉ざしてしまう。
又は、毎回、指示されないと動けなく
なってしまいます。
そこで【コーチングの重要な特徴】が
これらです。
・白紙になった気持ちで相手の話しを聞き、
価値観の押し付けをしない。
・つながり、一体感を感じながら話しを進める。
・相手が話したいテーマに沿った問題解決、
目標達成の話しをする。
コーチングとは、相手の中に答えがあると
信じて、答えを導き出せるように質問をする
技術なのです。
もしかしたらあなたは「会社はスピード勝負
だからそんな時間の余裕なんて無いですよ」
と言われるかもしれません。
それであれば、あなたは永遠に部下に
指示を出し続ける方を選ぶという事ですね。
それとも社員1人1人が考えて自己判断できる
ようになり、会社組織自体が強くなっていくのとでは
どちらがいいと思われますでしょうか。
実は、私も以前、人に価値観の押し付けをよく
していました。
自分の考えと合う人はいい人、合わない人は
悪い人でした。
自分の狭い視野で世の中を見ていたのです。
今、考えるととても恥ずかしい事ですが、
その時は全く見えていなかったんですね。
そんな想いもあって、ビジネスの分野で成果を出す為に、
私が学んできた内容と今までの失敗談、体験などの
エッセンスを研修としてお伝えさせて頂いています。
社内やお客さま、家族、友人関係とのコミュニケーション
方法としてのコーチング、ぜひご活用して頂きたいと
思っています。


メンタルトレーニングで営業を強化 岡崎哲也
過去の研修

■コミュニケーション研修 【私メッセージとあなたメッセージ】
■コミュニケーション研修【人の行動の原動力】

 

メンタルトレーニングと営業ノウハウで
ビジネス加速するメール講座

(全10回・無料)