ビジネス初心のメンタル


メンタルと営業を強化してビジネス加速を
サポートしていますセルフイメージコンサルタント
の岡崎哲也です。
いつもお読みくださり、ありがとうございます。
GW明けのお仕事はどうでしたか?
ところで私は、昨日、コーチングを学んでいる
平本あきおさん(チームフロー)の
「モチベーショナル・マネジメント研修」公開講座
に参加していました。
理由は今後、もっと企業研修を行っていきたいと
思っているからです。
この研修は、平本あきおさんが企業研修で行っている
部課長向けのマネジメント研修を、コーチ養成スクール
卒業生向けに公開講座を行ったものです。
その平本あきおさん(株チームフロー)の企業研修の
基本的な考えは、『個人の充実が、組織の生産性を高める』
というものです。
やっぱりやらされ感よりも、自分からやりたい気持ちをいかに
持つかで成果は大きく変わってきますよね。
そしてこれが本当のモチベーションとも言えます。
あなたがもしサラリーマンだとしたら、今の会社で自分の
やりたい気持ちがどれだけ反映されているでしょうか?
そこでこの講座で私が1番インスピレーションを受けたのが
コレでした。
『現職レベルの「自分軸」を引き出す』というワークで
「入社の切っ掛け」を思い出す場面でした。
私の場合は、前職が長かったので前職の半導体会社の
時でやりました。
もう随分と昔の事にもかかわらず、予想以上に
ありありと思い出す事ができました。
ところであなたは今の会社、又は前職が長ければ
そちらでも構いませんが、その会社に入社した時の
切っ掛けは何だったでしょうか?
私の場合は、まず、高校で落ちこぼれていました。(笑)
でも人間の可能性を開く分野、メンタルの事などに
ずっと関心があって、気功や瞑想、内観、その他の
メンタルトレーニングをしていたので、その延長で
鍼灸師になろうと大阪の鍼灸専門学校を受けた
のですが無残にも落ちました。
そして既に大手の就職試験は、ほとんど終わっていて
最後に受けたのがヤンマー農機具の営業でした。
そこは高校の推薦で合格しました。
人の好き嫌いが激しかった僕は、トラクターの営業なんて
やっていけるかと、とても不安な毎日を過ごしていたのです。
そんな時、親が新聞の切り抜きを持ってきたのです。
『半導体工場 大分へ進出』
「お前、ここを受けてみらんね」
1989年(平成元年)といえば、ほとんどの人がまだ
「半導体って何?」と言っている時代でした。
もちろん僕も、半導体なんて分かりゃしない。
でも分からないけど、とりあえず履歴書を送ってみた。
その会社は、気合い面接で合格しました。(笑)
それはただ筆記試験が無かっただけだった。(汗)
あったら落ちてた。にひひ
普通科の文系の高卒だった僕に、半導体の
仕事なんてできるのか?
そんな不安もあったけど、どんな事があっても
『石の上にも3年』、絶対モノになるまでは
かじりついてやる!そう思った。
そして不安と期待いっぱいの気持ちで入社式を迎えた。
それをありありと思い出しました。
人生、本当に何が起こるか分からないですよね。
そこからたくさんのドラマがありました。
このワークは、その後も続くのですが、この初心を
思い出す事から全てが始まります。
ところであなたの入社の切っ掛けは何でしたか?
あるいは、あなたが初めて仕事を始めた時、
起業した時は、どんな感じでしたか?
そしてこの初心を思い出す事で、仕事への情熱を
再び呼び覚ます事ができるのです。
あなたもそんな初心に戻って、誰に対しても頭を
下げて、どんな事があっても貪欲に吸収していこう、
早く1人前になろう、基盤を作ろうと思っていた
新鮮な気持ちを思い出してみませんか?

 

メンタルと営業を強化して
ビジネス加速するメール講座

(全10回・無料)