リーダーのセルフイメージ


リーダーのセルフイメージ

こんにちは、
メンタルトレーニング
で営業を強化
セルフイメージコンサルタントの岡崎哲也です。
 

あなたはリーダーのセルフイメージについて

どこまで考えられていますか?


あなたの言動で相手は元気になっていますか?

それともホッと癒されているだろうか?


又は、モチベーションを無くしているでしょうか?

 

もしあなたがリーダーでしたら、リーダーとしての

セルフイメージを持つ事が重要ですよね。

 

それはスポーツにおける監督やコーチのような

ものでしょうか。

 

ではリーダーとしてのセルフイメージとは、いったい

どんなものでしょうか?

 

それは自分がチームの命運を握っているという

自覚です。

 

自分の判断、言葉・態度によってメンバーの

士気も高まるし、反対に無くす事もできる。

 

時には親友のように共に喜び、時には父親や兄

として本気で叱り、時には受けとめてあげる、

相手の最大限の能力を引き出して
目標へと導くよう関わっていく。

 

あなたはリーダーとして、相手の事を思い、

会社の事を思い、自分の家族の事を思って、

身を粉にして働かれていると思います。

 

ですが、もし部下のモチベーションが落ちて

いるようでしたら

「なぜ、分からないんだ!なぜ、できないんだ!」と

無意識で詰問していないでしょうか。

 

あるいは、部下を迷わせる指示・判断をさせて

いるのかも
しれません。

 

自分では、相手の事を思って、叱咤激励している

つもりでも実際に相手がどう受け取っているかの

方が重要です。

 

それよりも

「どうやったらこの案件をスムーズに進められる?」

「何があったらできる?

(人脈、スキル、ノウハウ、お金、時間)」

「そして今は何があるの?」

「その中でできる事はない?他にいい方法は?」

 

落ち着いてこのように伝える必要がありますよね。

 

ですが、これはそう簡単に上手くはいきません。

 

なぜならば、いくら表面的に穏やかにいい事を

言っても心の中で、「なぜ、分からないんだ!

なぜ、できないんだ!」と思っていたら、心の方が

相手に伝わるからです。

 

これはスキルやテクニックではなく、心の本質的な

事だと思いませんか?

 

例えば、あなたが5人の部下を管理できる

セルフイメージなのに20人も管理させられたら

どうなるでしょうか?

 

バタバタとなり、最終的にあなた自身がプレッシャー

に押し潰されてしまうかもしれませんよね。

 

その為、リーダーは、自分のステージに合わせて

セルフイメージを高めていく必要がありますよね。

 

あなたはリーダーとしてのセルフイメージ、チームの

命運を握っている自覚を持っていますか?



メンタルトレーニングで営業を強化 岡崎哲也

お申し込みはこちら。
↓↓↓
起業家メンタリティーとセルフイメージを
強化するビジネス加速セミナー 9回目
【共感を呼ぶ営業マインド】
2012年2月27日(月)19時~21時・青山