不屈の精神


メンタルトレーニングと営業ノウハウ
ビジネス加速をサポートしています
セルフイメージコンサルタントの岡崎哲也です。
いつもお読みくださり、ありがとうございます。


今回は、【不屈の精神】というテーマで
お伝えしたいと思います。
あなたは
【不屈の精神】と聞いて、どんな
イメージを持たれますか?
自分には必要ない、古臭い、興味ない、
自分も持ちたい、etc.

私は、
【不屈の精神】と聞くと、自分の何かが
共鳴します。
そこで以前、たまたまテレビを付けたらこんな
ストーリーが流れていたのでシェアしたいと思います。
それは60代のあるタクシー運転手がどん底から
這い上がろうとしているストーリーでした。
ある地方の
建築会社が創業若くしてとても大きくなった。
その為、創業者は県会議員に挑戦して見事、当選した。
その方は、当時確か50代ぐらいだったと思います。
地元の有力者として、もてはやされ絶頂期に、他の人に
任せていた建設会社が経営不振となり、倒産した。
その議員は、全財産をその会社の負債の返済に回して
丸裸となった。
あれだけもてはやされていた議員の取り巻きは
クモの子が散るようにいなくなった。
生活保護の住居に移り、夫婦2人で過ごす事に
なった。
その方は、60代でタクシー運転者で再起をはかる
ことになる。
近所の人達が、おかずのおすそ分けをくださったり、
ちょっとした生活必需品をくれたりした。
奥さんは、その頂きモノ全てをノートに書きとめて
いった。
夫婦共々、「このご恩は絶対に忘れてはいけない、
いつか何らかの恩返しをしたい、だから頑張らなければ」
そう言っていた。
そこでその男性は、休み返上でタクシーの仕事に励んだ。
そしてどうやったら、もっとタクシーの売り上げが
上がるのか
独自に分析を始めた。

・どの場所でよくお客さんが乗るのか
・どうやったら無駄のない運転ができるのか
・常にお客さんを乗せて運転する事は
できないのか
そんな事を考えながら、乗客ポイントを全てノートに
書いていくと、乗客ポイントが集中
するエリア、ルートが
見えてきたのでした。


そして、A方面に行った場合は、どこのエリア
(駅、ホテル、病院など)で待てば、お客さんを
つかまえやすい、回転率が上がる。
B方面の場合だと、どこで待てば、効率的だ。
そういった独自の理論ができあがり、タクシーの
売り上げがあっという間に全社中、トップクラスになる。
「もっともっと工夫して、効率を上げなければいけない。
今まで支えてくれた人達の為にも」
そう言っていた。
私は非常に感銘を受けました。
そしてその方の爪の垢でも煎じて飲みたいと思った。
人はどん底になってこそ、人の温もりや優しさを
強く感じ、それを生きるエネルギー、知恵に
変える事ができるんですよね。
あなたは、このストーリーを読んで
どうお感じになりましたか?
どんな状況になっても這い上がる
【不屈の精神】
を持ちたいとは思いませんか?

あなたにとって何かの気付きになれば嬉しいです。

 

メンタルトレーニングと営業ノウハウで
ビジネス加速するメール講座

(全10回・無料)