営業のメンタルブロック


営業のメンタルブロック
こんにちは、
メンタルトレーニング
で営業を強化
セルフイメージコンサルタントの岡崎哲也です。

経営者やセールスパーソンの方は、日々、

「どうやったら売り上げがあがるのか?」
「どうやったら営業力をアップできるのか?」
そんな事を考えられていませんか?

そこである有名なお話しがあります。

ある時、2人の営業マンに会社から指令が

下されました。

 

『アフリカに靴を売って来るように!』

意気揚々と飛び立った2人は、アフリカに

降り立って早速、営業活動を始めました。

間もなく営業マンAさんは、会社にこのように

報告しました。

 

「ここは無理です。全員、靴を履く習慣が

ありません!」

遅れて営業マンBさんは、会社にこのように

報告しました。

「ここは宝の山です。誰も靴を履いていません!」

AさんとBさんとでは、どちらの考え方の方が

売れるかは、一目瞭然ですよね。

 

ちなみにあなたはどちらの考え方でしょうか?

これこそが営業の命運を分ける考え方と言っても
過言ではないかもしれません。

ところで以前、ある営業研修をされている講師に
よると、営業研修をした際に成果が上がる人と
上がらない人はすぐに分かるそうです。

 

その成果が上がる人と上がらない人の違いとは?

【自分のスタイルを変えられるかどうか】

成果が上がらない人とは、頭だけで考えて、
できない理由を探して自分を納得させている
事が主な原因だそうです。

 

例えば、私の体験では、営業が上手くいっている
時は、鷹の目を持っている状態です。

それは、上空から森全体を見渡せてい

る感じで、相手の心の動きが読めるので

1人1人と接した時に、その人の欲求をぐっと

引き出す事ができるんですよね。

 

ですが営業が上手くいかない時は、『お客さん

から嫌われたくない気持ちが強くてクロージング

できない』という感じなのです。

このメンタルの状態だと、相手のペースに合わせて
ただ時間が過ぎていく感じで、後になって後悔したり、
自己嫌悪したりする事もあるんですよね。

 

この『お客さんから嫌われたくない気持ちが
強くてクロージングできない』というメンタルの

状態は、心のブレーキ(メンタルブロック)と

呼ばれています。

 

ちなみにあなたは、『心のブレーキ(メンタルブロック)』
という言葉を聞かれた事がありますか?

このメンタルブロックは、現在、24種類に分類され、
どのように作られ、どのように外すのかもほぼ
分かってきているのです。

 

その原因の多くは、親兄弟・祖父母、学校など、
幼少期の成長過程で作ったパターンを、大人に
なっても繰り返しているだけなのです。

私もこの『メンタルブロック』を外して、営業するのが
心理的に随分ラクになりました。

 

今では、過剰にお客さんの顔色を伺う必要もなく

なったんですよね。

この『人に嫌われたくない』という気持ちを過剰に

感じる『メンタルブロック』は、現代人の多くが持って

いるようですが、特に営業マンで、このメンタルブロック

が強いと『いい人』で終わってしまうようです。

 

もしあなたが『いい人』と言われて、営業成績が

上がらないようでしたら、このメンタルブロック

(営業のメンタルブロック)があるのかもしれません。

もしそうであれば、この営業のメンタルブロックを外す事で

今より自由になれて、あなたは営業能力をさらに

発揮できるようになれるでしょう。