憂国と愛国


憂国と愛国
あなたはどう思われますか?
こんにちは、
メンタルトレーニング
営業ノウハウ
ビジネス加速をサポートしています
セルフイメージコンサルタントの岡崎哲也です。

昨日、友人とビジネスミーティングしていた時の事です。
いろいろな意見やアイデアを交わして盛り上がっている
時、その友人は突然、こう言い放った。

「ビジネスも大事だけど、今のキーワードは
憂国、そして危機感だよ。

悔しいじゃないか、震災で日本がこんなになって。

僕は、もし今、坂本竜馬が生きていたら、どう立ち振る舞う
のだろうかとよく考えるよ。」
それを聞いて、僕もスイッチが入った。

「憂国、危機感もだけど、僕はどちらかというと愛国の方だね。

今まで必死に生きてこの国の礎を造ってきた先人から
渡されたものを次の時代に引き渡す必要がある気がするんだ。」
愛国心は僕の原動力となっている事は間違いない。

その想いが研修、セミナー講師、コンサルティングなどの
今の僕の仕事につながっているからだ。
元々彼とはビジネスミーティングをしていましたが、途中で
歴史上の偉人の生き方、そして憂国、愛国の話題へと
変わっていた。

その後、話しが盛り上がって場所を居酒屋へ移した。
美味しい食事を頂きながら先ほどの話題は続いた。
「歴史は学ぶだけでは本当に申し訳ない。


俺達が受け取ったもの以上のモノにしてお返ししないと。」
彼がそう言った瞬間、本当にヤバかった。
突然、僕の目から涙が噴き出しそうになって
言葉につまった。

 


なぜなら歴史上の偉人達、そして数えきれないほどの
名も無き愛国心に満ちた先人達から、命のバトンを
渡された感覚があったからだ。
いや正確には、思い出した。


今まで自分はさんざんたくさんの人に愛情を
注がれて育てられてきましたがその度に、
その感覚があったのでした。


ですが、最近は忙し過ぎて忘れていたのでした。

その感覚は、まるで魂が吹き込まれたような、
内側から湧き上がるパワーを感じたのでした。

急な出来事だったので、僕自身ビックリしましたが、
自分の中の何かが反応したんですよね。


彼とは語り合った後、清々しい気分でその店を後にした。

そんな気持ちをあなたとシェアしたくて書きました。
ところであなたにとっての憂国と愛国とは、
どんな感覚がありますか?


あなたの内側から湧き上がるパワーにも
もしかしたら関係があるかもしれませんよ。


■メンタルと営業を強化してビジネス加速する

メール講座(全10回・無料)

メルマガボタン