■震災のメンタルケア


メンタルと営業を強化して
ビジネス加速をサポート
しています
セルフイメージコンサルタント
の岡崎哲也です。
いつもお読みくださり、
ありがとうございます。
昨夜も大きな余震が
ありましたが、あなたは
大丈夫でしたか?
ちなみに岡崎は、
ニュースを遅くまで
見ていたので寝るのが
遅くなりました。
それにしてもこのような
余震が続くと
特に、
「夜眠れない」
「身体がだるい」
「つねにイライラや
不安を感じる」
「今でも地面が揺れて
いる感じがする」
「食欲がない」
などのストレスを感じ
られているのでは
ないでしょうか?
あるいは、あなたは
大丈夫かもしれない
ですが、身近な人が
こういったストレス症状
がでているかもしれません。
こういった時に大切に
なるのが、
【自分自身のメンタルケア】
です。
そこで岡崎の
心のブレーキ解放
(ビリーフチェンジ)の
先生である棚田克彦
先生から、簡単に自分
自身でできる
メンタルケアのスキル
を教えて頂きましたので、
皆さんにもお伝えしたい
と思います。


メンタルケアの方法
グラウディング
これは、
「興奮している心に平静
を取り戻すための簡単な
ワーク」です。
グラウディング解説】
俗にトラウマ体験と呼ばれる
ような非常に恐ろしい体験を
すると、
後になってその体験の
感情を繰り返し感じたり、
恐い体験をしたときの
場面が繰り返し思い
出されることがあります。

こうしたトラウマ体験後
に現れるストレス反応を
軽減するために、
グラウディング」と
呼ばれる心理テクニック
が役に立ちます。
【自分自身のメンタルケア】
グラウディングのやり方】
(1)
一人でリラックスできる場所
を見つけて、楽な姿勢でイス
に腰掛けます。
背もたれに軽く身体を
預けます。
両足の裏を地面にしっかり
とつけて、
ひざ頭は握りこぶし一つ
分くらい開きます。
手のひらを上に向けて、
腿の上に軽く置きます。
口をポカと開けて、あご
の力を緩めます。
どこか身体の中で緊張
している部位がないか
チェックします。
もし緊張している部位
を見つけたら、
その部位に一度ギュッと
力を入れてから
フッと緩めると力が抜けます。
(2)
ゆっくりと、深く、大きく、
3回深呼吸をします。
3回の深呼吸を終えたら、
楽なペースの普通の
呼吸に戻します。
(3)
周囲を見渡して、
目に見えるもので嫌な
気持ちにならないものを
3つ選び、
言葉にしながら順々に
描写します。
たとえば、
「(机を見ながら、)
私は机が見えます」
「(壁を見ながら、)
私は壁が見えます」
「(窓ガラスを見ながら、)
私は窓ガラスが見えます」
ゆっくりとした落ち着いた
ペースで一つ一つ順番に
やるのがコツです。
(4)
次は耳を澄まして、
耳に聞こえる音で嫌な
気持ちにならないものを
3つ選び、
言葉にしながら順々に
描写します。
たとえば、
「(車の音を聞きながら、)
私は車の走る音が聞こえます」
「(エアコの音を聞き
ながら、)私はエアコ
風の音が聞こえます」
「(自分の呼吸の音を聞き
ながら、)私は自分の呼吸
の音が聞こえます」
(5)
最後は身体の感覚に意識
を向け、身体に感じる感覚
で嫌な気持ちにならない
ものを3つ選び、
言葉にしながら順々に
描写します。
たとえば、
「(背中にイスを感じながら、)
私は背中にイスの背もたれ
を感じます」
「(足裏に床を感じながら、)
私は足裏に床を感じます」
「(頬にエアコの風を感じ
ながら、)私は頬にエアコ
の暖かい風を感じます」
(6)
今度は(3)と同様のやり方で、
目に見えるもので嫌な気持ち
にならないものを2つ選んで
描写します。
(7)
(4)と同様のやり方で、
耳に聞こえるもので嫌な
気持ちにならないもの
を2つ選んで描写します。
(8)
(5)と同様のやり方で、
身体に感じるもので嫌な
気持ちにならないものを
2つ選んで描写します。
(9)
(3)と同様のやり方で、
目に見えるもので嫌な
気持ちにならないもの
を1つ選んで描写します。
(10)
(4)と同様のやり方で、
耳に聞こえるもので嫌な
気持ちにならないもの
を1つ選んで描写します。
(11)
(5)と同様のやり方で、
身体に感じるもので嫌な
気持ちにならないもの
を1つ選んで描写します。
(12)
自分のペースで深呼吸
を数回繰り返し、ゆっくりと
部屋に意識を戻します



このグラウディング
メンタルテクニックは、
「今、ここ」の現実に
タクトをする(意識を
向ける)ことで
「我を取り戻す」働きが
あります。
なるべく一人で頑張り
過ぎないようにして、家族
や信頼できる仲間と協力
する。
そして長期にわたって
自分の限界を超えて
頑張り続けないように、
自分で自分をコトロール
するようにしてくださいね。

メンタルと営業を強化して
ビジネス加速するメール講座

(全10回・無料)