お金のメンタルブロックを持っていませんか?


こんにちは、
セルフイメージコンサルタント
の岡崎哲也です。

 
今回は、私がいろいろとセッションを
していく中でよくある内容についてお話し
したいと思います。

 
ところであなたはこんな事はないでしょうか?
・なぜかお金が入るとパッと使ってしまって
手元に残らない。
・お金を稼ぐには一所懸命頑張らないと
いけないと思っている
・正当な対価として「お金をください」と
言えない。
・相手からの感謝やお礼を受け取れない。
・お金を持つ事はいけないと感じる。
・お金、お金と言うのは卑しいと思う。
・お金を稼げる気がしない。

 
セルフイメージコンサルタント 岡崎哲也心のブレーキを60分で外しセルフイメージを高め、あなたのビジネスを加速させるサポートします
これらは【お金のメンタルブロック】と言われていて、
そういった感覚があると、ビジネスの障害になる
事が多いです。

 
なぜなら、『手元にあったらいけない』、
『くださいと言えない』、『受け取れない』って、
ちょっと致命的だとは思いませんか?
でもこのお金のメンタルブロック心のブレーキ)は、

多くの日本人が持ちやすいんですよね。
では、どうしてそんなお金のメンタルブロックを
持つようになったのでしょうか?
その大きな原因の1つは、二宮尊徳に
代表されるように
【清貧で勤勉が美徳】
の考え方が日本人の根底として教育されて
きたからではないでしょうか。

 
うちの親もよくそのような事を言っていましたし。
その他、両親がお金の事でケンカしてたり、
苦労しているのを見て子供心にそう思った。
(コレ、私もあります)

 
そしてお金に興味を持ち過ぎて親に怒られた。
(コレ、私の事です。笑)

 
かなり小さい頃、お金でお菓子やオモチャなど、
「欲しいものが何でも手に入れる事ができる
あの不思議な紙やコインは何だ?」
と、いつも買い物の時は目玉をカッ広げて
追っていました。

 
そしてお年玉や小遣いをもらった時には、
手に握って離さなかったのですが、
親から『行儀が悪い!』と怒られた事。
そして親父が、人にお金を貸して返って
こなくて怒っていたのを見て、
「お金は人の縁を切るもの、人の心を
惑わすものなんだな」

と思い込みました。

 
もちろん、親から
「絶対に人にお金を貸すもんではない」
と耳にタコができるぐらい言われ続けたのは
言うまでもありません。

 
あなたはそんな経験はありませんか?
そして、そんな私達のビジネスの障害となる
『お金のメンタルブロック』をどのようにして
外したらいいのでしょうか?
セルフイメージコンサルタント 岡崎哲也心のブレーキを60分で外しセルフイメージを高め、あなたのビジネスを加速させるサポートします
例えば、こんな感じでお金に埋もれて
眠りに付くイメージを毎日する方法も
いいですよね。
とても幸せな気分です。ニコニコ
これはよく自己啓発系で言われている
方法ですよね。
セルフイメージコンサルタント 岡崎哲也心のブレーキを60分で外しセルフイメージを高め、あなたのビジネスを加速させるサポートします
そして縁起のいいものをよく目に着く、
身近なところに置く。(無意識に刷り込む)
ちなみに私は、
『果報は寝て待て100万両』
と描かれた猫の置物がお気に入りでした。にひひ
これらで上手くいく人は、それでもいいです。
元々軽い人であれば、その方法でも上手く
いくと思います。

 
ですが、もっと深いところに原因があった場合、
その根本原因を解消しないと何をやっても
変わりません。
『お金のメンタルブロック・心のブレーキ』は、

小さい頃、意外な事で身に付けてしまい、

人によってはその根本原因を忘れてしまって

いる場合もあります。

そんな『お金のメンタルブロック・心のブレーキ』を

解放する公開セッションを私のセミナーでは行っています。
普段、なかなか見る事ができないと思いますので、
とても参考になるのではないでしょうか。

 
どうぞ、あなたのお金のメンタルブロック・心のブレーキを解放して
ビジネスを加速する切っ掛けとなるセミナーに
お越しください。
次回、3回目セミナーのご案内
■9月25日(池袋)セルフイメージを強化するビジネス加速セミナー
申し込み始まりました。お早めに!