くつろげない(メンタルブロック)


今回のメンタルブロックは
【くつろいではいけない】
についてご紹介します。

■24個のメンタルブロックとは?


【主訴】
(しゅそ)・・・・・主な訴え
・のんびり、だらだらできない。
・のんびりする事に罪悪感を感じる。
・横になって身体的に休むことはできるが、心からくつろげない
・つい頑張り過ぎてしまう
・くつろいでいると、自分の居場所がないと感じる
・うつの人(うつで休んでいる自分を責める。うつなのに休めない)
・肩こり、首こり(つねに過緊張の状態)
【インプリンティングの場面】・・・・・メンタルブロックが作られた場面
・くつろいだり、ダラダラしていると怒られた
(「ダラダラしてないで、ちゃんと勉強しなさい」など)
・「自分だけくつろいではいけない」と思った。
(なぜなら、「親に悪いから」など)
・両親がくつろいだり、ダラダラしない人だった
(「平日は仕事、週末もずっと家事で働きずくめの母親」)
・親からの汚染(「努力の先に栄光あり」「天才とは1%のひらめきと
99%の努力である」等)
※これらインプリンティングの場面は参考であって、必ずしも
こういった場面でくつろいではいけないのメンタルブロックを
持つわけではありません。

すべては、その本人がどうとらえたかに関わってきます。

■24個のメンタルブロックとは?