コーチングって何ですか?


あなたはコーチングという言葉を知っていますか?
もし知っていたら、コーチングにどんな印象を持っていますか?
コーチングは、よくビジネスの場面で上司が部下のやる気を引き出す上手な質問のスキルなどが紹介されていますよね。
僕がコーチングという言葉を知ったのはおよそ2年前ぐらい。
その時、僕もコーチングは、「何それ、質問するスキル?効果あるの?」と思った。
昨年、平本あきおさん(ピークパフォーマンス)と出会って、これが本当のコーチングなのかと開眼した。
ところで、先日あったそのピークパフォーマンスの実力強化クラスで得た最大の成果
それは、【臨場体験(没入)すると人は天才性を発揮する】

【百聞は一見にしかず】

どんなに話を聞いても本を読んでも、自分の目で見ないと本当は理解できない。
さらに見るよりも体験の方が、より理解できるのは当然ですよね。
ようするに、インパクトが重要なのです。爆弾
ちなみにこれは何をしているか分かりますか?
■次世代リーダー研究会
実は、可視化というワーク。
通常、人の問題というのは、頭の中でぐちゃぐちゃに絡み合って整理されていない状態です。
それを見える状態に可視化して、ひとつひとつコーチと一緒に解決策を見付けていきます。
それはまるでアートのようです。
(ミケランジェロもビックリ!にひひ
これがまた楽しいのなんの。子供心と遊び心満載!!!
創造性を最大限に発揮します。
限られたところで、あるものだけで、自由自在に現状の問題を可視化していきます。
(イスを使わなくてもOK)
現状把握し、そこに身体を動かしながら臨場体験してみて、初めて見えてくるものがあります。
僕も今の自分の問題点、そして何をすべきかがハッキリと分かってきました。
【答えは本能に聴け!】

その本能へのアプローチ方法をピークパフォーマンスでは教えてくれます。
この方法は人間関係や仕事など、あらゆる場面で効果を発揮します。
皆んなそれぞれが天才性を発揮し、人生の指針とコーチとしての大きな自信を持ち返った最高の1日だった。
■次世代リーダー研究会