ビジネス企画のタイミング


Fotolia_51281182_XS

 

あなたは自分の会社の
商品・サービス化、
そしてビジネス企画のタイミングで
迷う事はありませんか?

完璧にしてから出したい
ですよね。

例えば、プランAは、
95%以上の完成度で
商品を市場に出す。

プランBは、60~70%で
市場に出した後、顧客の
ニーズを聞きながら完成度
を高めていく。

本当に悩ましいですよね。

以前、こんな事がありました。

前職の半導体エンジニアの時、
上司から新商品の開発会議で
岡山工場に出張するように
言われたんですね。

私は特に何も聞かされないまま参加。

各部署のプロジェクトメンバーと
責任者など約20人近くで、
機械の現状の課題とそれを
解決するまでの期間・費用が
説明されました。

それを聞いていきなり技術部長が
怒鳴ったのです。

「その状態で商品化するには
まだ早い!」

すると開発部長は、声が
裏返りながらマシンガン
トークで応戦したのです。

「市場は待ってくれない。
この時期を逃すわけにはいかん。
客先と一緒にウチの開発チームで
同時進行で完成させればいい!」

技術部長はさらに問い詰めます。

「お客には迷惑をかけられない。
信用が一番だ!
会社の存続がかかってるんだぞ!」

このような激しいバトルが
飛び交ってる中、口を挟めた
のは営業部長だけでした。

最終的に開発部長の
「私が全責任を持つ」
という言葉で落ち着いたのです。

そして開発・技術・営業部長3人の
目がキラーンと光って私の方を
向いたのです。

「後は任せたぞ!
バックアップするからな」

「聞いてないですよ~!」
ですがもう後には引けない
感じでした。

お客様の現場は私が担当し、
国内の開発チームと連携して完成。

最終的には、お客様からも
喜ばれて結果オーライでしたが、
当時は半年間ほどほとんど
徹夜状態で倒れるかと
思いました(笑)

この体験から、商品は60~70%の
完成度で商品化し、その後、お客さん
のニーズを取り入れて完成度を高める
重要性を学びました。

これは、パソコンでも同じ事が言え
ますよね。

Windowsにバグが見つかり、
頻繁にアップデートされるのも
同じ理由ではないでしょうか。

そして世の中にある商品のほとんどが、
炊飯器、洗濯機、冷蔵庫、車、
パソコンソフトなどもバージョン
アップしていきますよね。

そもそも完全無欠の商品や
サービスはないように思います。

私も2010年の上京3か月
経った時、さらにその3か月後
に初セミナーをすると決めた時、
人前に立った事がないのに
見切り発車したんですね。

それから話し方講座に行ったり、
他の人のセミナーにたくさん
参加したり、メンタルトレーニング

のトレーナーとしての技術をさらに
磨いていったのです。

その時に決めて一歩を踏み出した
事が、その後の自信にもつながって
います。

もしあなたが商品化や企画の
タイミングで悩まれている
のであれば、

最低限のラインを見極めて、
行動に移し、同時進行で
完成させていく事が重要に
なってくるのかもしれません。

 

セルフイメージコンサルタント

岡崎哲也

 

 

 

 

■メンタルと営業を強化してビジネス加速する

メール講座(全10回・無料)

メルマガボタン