ビジネスを加速するメンタルブロック解放セッション事例


こんにちは、セルフイメージコンサルタントの
岡崎哲也です。

 
今回は、クライアント様の許可を得て、
メンタルブロックを外してビジネスを加速するセッション
事例をご紹介したいと思います。

 
メンタルブロックのテーマ
「人目を気にして言いたい事が言えない」

 
会社経営者 けんじさん(仮名 40代男性)

 

岡:今日はどんな問題ですか?
け:仕事で言いたい事が言えなくて、売上が
下がっています。
社員の顔色を見て、言えなくなっています。
そして後から自分を責めてしまっています。

 

岡:その言いたい事が言えずに自分を責めて
しまっているのを
最近感じたのはいつ頃ですか?
その状態にちょっと身を置いてみてください。
け:はい

 

岡:今、どんな場面ですか?
け:社員が「なかなか売れないよね。景気悪いし、
無理だよ。
どうすればいいんだよ」って言っています。

 

岡:その時、けんじさんはどんな感じがしますか?

け:それをやるのがお前達の仕事だろうが!
お前達、仕事というのを分かってるのか?
こいつら、本当にダメだな。
なんでこいつらは、この程度なんだ。毎回、毎回、
営業とは・・と話し続けているのに、いったい何を
考えているんだ。

 

岡:そういった事を感じている時、身体ではどんな
感じがしますか?
け:胸の辺りがぎゅっと締め付けられる感じがします。

 

岡:その胸の辺りがぎゅっと締めつけられる感覚に
意識を向けてください。
け:はい

 

岡:では、その胸の辺りがぎゅっと締め付けられる
感覚は、ずっと昔、初めて感じたのはいつ頃から
ですか?
け:社会人になって近所に自己中心的な変な人がいて、
よくイライラする事があって、注意したかったけど、
お父さんが「言うな!」って。

 

岡:その時の気持ちと胸がぎゅっと締め付けられる感覚は
同じですか?
け:はい

 

岡:では、その感覚を感じ始めた頃の事を思い出して
ください。
け:小学校の時に、友達の家に泊りに行くのが流行って
いたのですが、私の家はとても厳しくて、行かせても
らえませんでした。
友達からは、なぜ泊れないの?と言われ、母親は
すぐに怒るし。
母親になぜ泊らせてくれないの!と何度も言ったけど、
ダメでした。
なので友達には、ウソをついて断り続けました。
そしたら友達から仲間はずれにされました。

 

岡:けんじさんは小さい頃、何て呼ばれてました?

け:けんちゃん

 

岡:では、けんちゃん、その場面に身を置いてください。
今、どんな感じがしますか?
け:やっぱり胸がぎゅっとする感覚がします。
岡:では、もっと以前にその胸がぎゅっとする感覚を感じ
始めたのはいつ頃?
け:幼稚園の頃です。
父は3人兄弟の末っ子でしたが、長男のおじさんが
とても威張っていました。お父さんに対しても。
そしてその長男の息子が、かなり我がままで、親戚が
集まる度に、その子にいじめられていました。
その事を両親に言ったけど、悲しい顔をされました。
その時、言いたい事を言ったらいけないと思った。
岡:その「言いたい事を言ったらいけない」と思ったのは、
お父さんに対して、それともお母さん?
け:お父さんです。お父さんを悲しませたらいけないって。
岡:(イスを1つ用意する)
じゃあ目の前のイスにその時のお父さんが座っていると
イメージしてください。

そして「私は悲しい」と言ってみて。
け:「私は悲しい」
岡:次に「私は腹が立つ」と言ってみて。
け:「私は腹が立つ」
岡:次に「私は怖い」と言ってみて。
け:「私は怖い」
岡:この「悲しい、腹が立つ、怖い」の気持ちの中で
どれがピンとくる?
け:私は腹が立つ
岡:じゃあ、目の前のお父さんに「私は腹が立つ」と言って
続きを言ってみて。
け:何でなんだ!何でなんだ!!!
・・・・

岡:今、お父さんは何て言ってるの?
け:悲しませて悪かったって。(泣)
岡:お父さんは、本当はけんちゃんにどうなって欲しいと
言ってる?
け:自分の気持ちをきちんと言いたい事を言えるように
なって欲しいと言ってる
岡:じゃあ次に、お父さんに「私は悲しい」と言ってみて。
け:私は悲しい。お父さんに止められて。
本当はいろいろ言いたかった。(涙)
岡:けんちゃんはこれから、どっちを選ぶ?
お父さんが悲しむから言いたい事を言わない?
それともお父さんが悲しんでも言いたい事はきちんと
言う?
け:お父さんが悲しんでも言いたい事は言う!
岡:本当にいいんだね?
け:はい!!
岡:今、どんな感じがする?
け:自信がみなぎってる感じがする。

 

この後、人目を気にして言いたい事が言えない感覚はなくなり、
仕事で大事な時には、ビシッと言えるようになった。
そして今まであったストレスは無くなって、ビジネスも加速していると
連絡があった。
さらに今までと付き合う人の層も変わってきたそうです。