リーダーの責任 メンタルトレーニング


リーダーの責任 メンタルトレーニング

 

今日、1月17日は15年前に

阪神大震災が起きた日ですね。

 

『あなたにとって阪神大震災は、

どんな影響がありましたか?』

 

最愛の家族を失い、未だに心に傷を

持ち続けている人達、そして

亡くなった方達には、本当に心より

ご冥福を申し上げます。

 

どんなことを感じて、どんなことを

学んだのでしょうか。そして、

『もし今、あなたに阪神大震災クラス

の地震が起きたら、どうしますか?』

 


自分はおろか身近な人、大切な人、

ご親戚、ご近所の方、その他、友人、

知人を守れるでしょうか。
僕は、当時、TVから流れるあの震災の

映像を見て、あまりにも自分の無力さを

感じて、それが自己啓発セミナーに

行く切っ掛けとなりました。

 

「今のままではいけない」

 

「自分の殻を打ち破りたい」

 

そして、そんな何があっても生きていく

強い心と助け合う気持ちを、今一度

感じてみませんか。

 

 

あの経験を活かす為にも。

私たちは、それぞれお互いが影響し合っている、、、

 

いわば私たち1人1人がリーダーみたい

なものだと思っています。

 

そしてどんな困難に直面しても、物ごとを

やり遂げるリーダーとしてとても心に

残っている映像があります。

 

 

『プロジェクトX』
第002回

「窓際族が世界規格を作ったVHS・

執念の逆転劇」

(VHSビデオテープレコーダー

・日本ビクター)

人気番組で、特にこのお話しは何度も

再放送されたので、ご存知の方も多いと

思います。

 

見るとやはり気が引き締まりますね。

 

当時、ベータが主流だったビデオテープを、

廃止寸前の事業部でVHSに巻き返した心が

熱くなるストーリーです。

 

責任者の高野さんは、もしもの時の為に、

部下1人1人に盆栽を用意していたそう

ですが、どんな気持ちでその盆栽に水を

やっていたのでしょうか。

 

リーダーとは、

『どんな困難に直面しても、自分の肩に

たくさんの人達の人生がかかっている

自覚があること』

そう思います。

 

そしてその高野さんがこの世を旅立った時、

霊柩車が思い出の工場に立ち寄って、

大音響のクラクションを鳴らすのと同時に

私たちの心の奥の何かが揺り動かされる

のを感じます。

 

あなたの心にもこのクラクションの音が

響けば嬉しいです。

 

 

セルフイメージコンサルタント

岡崎哲也

 

 

■メンタルトレーニンで営業力強化

メール講座(全10回・無料)

メルマガボタン