ロックオンとロックオフ


ロックオンとロックオフ

 

あなたはロックオン、ロックオフという

言葉を聞いた事がありますか?

 

ロックオンとは、ある一点に意識が固定集中

された状態。

 

ロックオフとは、あるモノが実際はあるのに

見えてない状態。

 

例えば、こんな経験はないでしょうか?

 

学生の頃、体育の授業でバスケットボールを

していた時、一所懸命、ボールを追いかけてたら

いつの間にか相手チームの選手が自分の真横に

いてビックリ!!

 

サッカーでも「え!何で相手チームの選手がそこに

いるの?」と同じような経験した事があるかもしれません。

 

そしてこれは将棋などでも同様ですが、当人同士は

一部分に集中して見えてないところがあり、第三者が

客観的に見ると、見落とされているところを含めて

もっと全体が見えているというものです。

 

これらは私たちの脳の機能なので、それを上手く

活用しない手はありません。

 

ではこのロックオンとロックオフをどのようにビジネス

に活用できるのでしょうか?

 

ロックオンは、ある一点に集中する事で周りの雑音が

気にならなくなる特性でもありますよね。

 

ところで私が営業を学んだ先生からこんなお話を

聞きました。

 

「営業は、数撃てば当たる、ではなくて、

目の前の人から100発百中で契約を

取りなさい」

 

そんなバカな~と最初に思いました。

 

ですが、段々とこの先生だったらありえるかも

しれないと感じ始めたんですね。

 

そこでもしあなたがセールスパーソンでしたら、

「この人には売れるかな?売れないかな?」

そんな躊躇してしまう事ってないでしょうか。

 

そんな自分サイドの迷いがあったら、

相手の表情や言い方によっては、こちらの

態度もぎこちなくなってしまいますよね。

 

なので自分サイドの売りたいという気持ちを

一旦消し(ロックオフ)、100%相手サイド

に立つ(ロックオン)というのです。

 

その秘訣は、自分のメンタルパワーを最大限に

高めて、相手のメリット・幸福の為だけに話し振舞う

という事なんですね。

 

私もそれを聞いて考え方を変えました。

 

上京時、セミナーや異業種交流会に参加して、

たくさんの人と名詞交換しましたが、後から

なかなか思い出せないんですよね。

 

そこで後からでもつながれる人をたった1人で

いいから作ろうと心に決めて参加するように

したんです。

 

ですがその1人を最初から見つけようと意気込んで

ロックオンすると、本当にご縁のある人がロックオフ

されて見えなくなる可能性があるので、初めは

ニュートラルな状態でいます。

 

そして「この人かな?」と思うとロックオンして

いるんです。

 

するとパチーンと波長が合って話が弾み、

面白いように毎回、濃いご縁ができるんですよ。

 

ところであなたはビジネスや普段で、どんな事に

ロックオンされていますか?

 

その為にどんな事がロックオフされているでしょうか?

 

この脳の機能を上手に活用したいですよね。

 

岡崎哲也

AIRY5641小