心に刻まれた想い


こんにちは、メンタルブロック解放と

メンタルトレーニングで営業力強化、

セルフイメージコンサルタントの岡崎哲也です。

 

あなたはもっと自分の力を発揮したいと

思いませんか?

私がどん底の時に何度も励まされた

大好きなストーリーをご紹介しますね。

相撲の若ノ花、貴ノ花のお父さんの

二子山親方が昔、貴ノ花と呼ばれて

いた時の事です。

 

大関で50場所を勤められたのですが、
それまで順調にいったわけでは

ありませんでした。

大阪場所の初日、相手力士と頭と頭

で立ち会いでぶつかった時に、

背骨を痛めてしまったのです。

 

そしてレントゲン写真を撮った時に、医師から
「あなたは背骨がグチャグチャ

になって神経が飛び出ている。

このまま続けたら半身不随に

なるから相撲取りを引退しなさい」
と言われたのでした。

 

大関になって3場所目。
今から横綱を目指して頑張ろうとする時に、

その言葉は非常にキツイ言葉でした。

この時、貴ノ花は自暴自棄になって

暴れ狂いました。

それを誰1人として止める事が

できなかったのです。

 

ところが、それを止めた人が1人いました。

それは植冨貴子さんという方の娘さんの

由香ちゃんという9歳の女の子でした。

その女の子は、小児白血病で大阪の病院に
入院していました。

 

その由香ちゃんは世界中で一番好きな人が
貴ノ花だったんです。

貴ノ花が勝った時には症状が良くなり、

負けた時には悪くなるというぐらいに

貴ノ花のモーレツなファンだったんですね。

 

この由香ちゃんが、貴ノ花が引退する

という事を新聞の記事で見た時に、

ガタガタガタと症状が悪くなったのです。
そして本当に死ぬ間際までいきました。

この時、お母さんは、うちの由香を助けるのは、
貴ノ花が元気な姿を見せる事しかないと思って、
貴ノ花に心を込めて手紙を書きました。

 

『・・・腹痛、発熱、血尿、そんな中での

歩行訓練。

でも決して由香は弱音を吐きませんでした。
親の私でさえ見上げるほどでした。
歩こう、歩きたい。

この目で貴ノ花関の相撲を見に行きたい。
この手で握手がしたい。

「貴ノ花さん、頑張ってください」
毎晩、お祈りしてから眠りに就く由香の

希望を叶えてやってください。

もう一度、土俵に上がってください。』

貴ノ花はこの手紙を読み終えてから暫く

放心状態になったそうです。

 

1つには、最後の便せんの文面の途中に

涙の後を見たからです。

万年筆で書かれた文字がにじんで淡い

セピア色になっていたのです。

 

いつの間にか貴ノ花の目には、涙がにじみ、
深く心に刻み込みます。

軽量で、しかも脊髄に故障を抱えている。

真正面からいくのは絶対に不利だ。

 

“でも逃げない。

ぶち当たっていくんだ”

後になって貴ノ花は、「私の相撲は、この植冨さん

親子が作ってくれたんですよ」と語っていたそうです。

 

ところで私たちは、周りの人達にたくさん

支えられていますが、普段は当たり前になっていて、

なかなかそれに気付けない事ってないでしょうか?

 

ですが、その支えられている事に気付き、それに
感謝する事ができれば自分のパワーに変える事が
できると感じています。

私は会社倒産後、それまで前職の仕事仲間から
温かく支えられていた事に初めて気が付け

たんですね。

 

そして上京して人脈ゼロでどん底だった時に
受け入れて支えてくれた周りの人達の、
「元気でやってるか?頑張るんだぞ!」
そんなさり気ない言葉と温かい眼差しが、こんなにも
ありがたいものかと、とても心に沁みたのでした。

 

『今まで自分を支えてくれた

人達に恩返しをしたい』

ところであなたは今までどんな人達から

支えられてきましたか?

その時に心に刻んだ想いを教えてくださいね。

 

岡崎哲也