成長の踊り場


Fotolia_45630996_XS

イケイケGO!GO!
今日も刺激いっぱい楽しくて仕方がない、
そんなノリノリですか?(笑)

それとも次にどう進めばいいか分からない
足踏み状態ですか?

新しい事をやり始めた時は面白くて
一所懸命やるのですが、ある程度慣れてくると
行き詰まりやマンネリを感じたり、
する事がありますよね。

この状態は、『成長の踊り場』とも呼ばれます。

私たちは、右肩上がりの成長曲線と
この成長の踊り場、そしてまた成長曲線、
と繰り返していくんですね。

そしてこの踊り場をいかにスムーズに
乗り越えるかが、私たちが順調に成長するため
に重要になってきますよね。

あなたも、今までそんな経験があると
思いますが、どのように突破されましたか?

およそ2年前、私が上京して1年後ぐらいに
少しの期間、この踊り場を感じていたんですね。

毎日、忙しく充実していたのですが、それまでの
パワーが発揮できなかったのです。

例えば、勉強したいセミナーに参加しても
あまり集中できず、学んだ気がしない、

頭の回転がにぶい。

そしてセミナーに行ったら、1人は
いい人間関係を作りたいと思っていたのに
会話のキレがない、目が死んだイワシの目。(笑)

何もしたくない脱力感。

日々変化が感じられずヒラメキも無かったんですね。

ですが、その状態からようやく抜け出すことが
できたんです。

それはお茶をしていた時のある友人のひと言でした。
「岡崎さんは、誰を幸せにしたいんですか?」

この言葉を聞いて、「ハッ」と思ったんですね。

身体は「しんどい」と言っているのに、それを
無視して走り続けていたんです。

こんな状態では、本当に幸せにしたい人を
幸せにできませんよね。

そう思って、急きょ、寝る時間を早めたり、
身体の声を大切にするようになったのです。

そしてその状態から抜け出せたんですね。

ところでこの『成長の踊り場』は、誰にでもある
ステージだと思っています。

集中して動いた後には身体や心が休息を
求めていたり、ある程度、新しい仕事に
慣れてくるとワンパターンになってしまう事が
ありますよね。

また次のステージに行った事で、新たな
モノが魅力的に見え始め、それに飛び付いて
しまったりする事があります。

するとまだ先には、たくさんのステージが
用意されているのに、中途半端になって
しまうんですね。

これら『成長の踊り場』を抜け出す時に
大切になってくるのが、客観的にアドバイス
してくれる仲間の存在です。

私も、そんな人たちにどれだけ助けられたか
分かりません。

それはメンターや上司、ビジネスパートナー、
あるいは友人、部下、家族かもしれません。

普通、言いにくい事でも、言ってくれる人は
本当にありがたいです。

私たちも、自己管理をしつつ、そんな人を
大切にしていきたいですね。

そしてもし身近な人が、疲れきってるのに
頑張り過ぎてたり、自分には向いてない
んじゃないのかと思い始めてたり、マンネリ
気味で気が散漫になっていたり、そんな
『成長の踊り場』にいましたら、

あなたの体験をふまえて優しく声を
かけてあげてくださいね。

 

岡崎哲也