才能開花、メンタルトレーニング


Fotolia_52510340_XS◆

才能開花、メンタルトレーニング

自分の才能っていったいどんなもの
なんだろう?

早い人たちは10代や20代前半で
日本のトップ、世界まで羽ばたくほど
才能を開花させる人たちがいますよね。

ソチ五輪フィギュアスケート
羽生結弦選手(19)の金メダル!

野球のイチロー、松井選手、サッカー
の中村俊輔選手、本田圭佑選手、
フィギアスケートの浅田真央選手、
ゴルフの石川亮くんなどなど。

彼らと自分とは何が違うのだろう・・・

ビジネスではこの人から学べるのでは
ないかと思ってご紹介させて頂きます。

京都生まれ7人兄弟の末っ子は
3歳の時、事故で片目を失明。

その為、小さい頃、いじめられたり
しますが柔道、その後、空手を習い、
精神力が鍛えられていきました。

東京オリンピックを見て、アメリカに
憧れを持ち、19歳、大学受験失敗
を機にアメリカ行きを決断します。

手元には母親が工面した往復航空券
と500ドルの餞別だけ。

不法就労者だったので強制送還の
危機に何度もあいながら、現地の人
に助けられ、住み込みの仕事などを
始めます。

大学に通い始めた時、一人の女性、
リンダに一目ぼれ、結婚。

2人に長女が誕生した時、黄疸と
診断され危険な状態でした。

苦しい生活の2人は、保険に入って
おらず、医療費の不安が・・・。

ところが250ドルしか請求されず
病院側の気持ちを知り
「絶対に成功して、お返しする!」
という強い誓いを立てたのでした。

当時、ブルースリー人気もあって、
空手道場を開き、空手の腕前が認め
られ、ワシントンとオレゴン両州の
警察逮捕術師範となります。

1980年、不況が襲い、空手道場の
生徒が3分の1に落ち込み再び生活
が苦しくなったのです。

クリスマスに道場の生徒からたくさん
のプレゼントをもらいましたが、お返し
する余裕がありません。

悩んだ末、日本の母親が営んでいた
焼肉屋のタレをヒントに自家製秘伝
ソースを作り、ビン詰めしてプレゼント
したんですね。

すると「美味しい、お金を払っても欲しい」
と生徒が言い始め、「ヨシダソース」と
して生産・販売を始めたのでした。

広く売る為には「実演販売をしよう」
と様々な食料品店でデモをさせて
もらい始めます。

着物、下駄、カウボーイハットという
「芸人魂」で買い物客を集め、徐々に
売れていきました。

後に大手のマーケットチェーンにも
置いてもらうことに成功。

現在、ソースは10カ国で販売され、
他に航空貨物、リゾート開発、不動産
業など18社、スタッフ400人、年商
2億ドル(約200億円)。

2005年Newsweek誌(日本版)で
「世界で最も尊敬される日本人100」
に選ばれ、世界中で講演などされている
ヨシダグループ会長吉田潤喜さんです。

ところで私たちが才能を見付ける為
にはどうすればいいのでしょうか?

そこで才能を見付けるポイントを
3つにまとめてみました。

1. 小さい頃から興味を持ち、時間を
忘れて没頭し、今まで時間やお金を
最も投資してきもの

吉田会長で言えば、(柔道、空手)

2.両親から受け継いだもの

祖父母からの隔世遺伝、血筋も
含まれます。

(焼肉秘伝ソース、気質など)

3.過去の成功体験、困難を乗り越えた
体験から浮かび上がる共通点、その時
心に誓ったもの、人から褒められたこと。

(病院や助けてくれた人へ恩返しの
誓い、人を喜ばせる芸人魂など)

これらの中から見えてきた才能を
実際の仕事の中でどのように使って
いけそうですか?

あなたの才能が開花されてたくさんの
人が喜びに満ち溢れますように。

 

セルフイメージコンサルタント

岡崎哲也

 

 

 

 

■メンタルと営業を強化してビジネス加速する

メール講座(全10回・無料)

メルマガボタン