母の決意


母の決意

メダル数史上最多の38個!


銀座のパレードに50万人が押し寄せ

大フィーバー。


先日、終わったロンドンオリンピックは、

大盛況でしたよね。

 

ところで忘れてはならないのが

パラリンピックです。

(8月29日~9月9日)

 

日本人選手は、20競技中16競技、

出場選手は134人で、メダルは

計16個を獲得しましたね。

 

ところでその選手団の主将、アテネ大会

陸上金メダリストの土田和歌子選手(37)

をあなたはご存知ですか?

 

私は、ある講演会で土田選手の事を

知りました。

 

彼女は、高校2年生の時、交通事故に

巻き込まれ、下半身不随となり、車椅子

の生活になったそうです。

 

1993年、アイススレッジの講習会に

参加したことがきっかけで、

アイススレッジスピードスケートを始めて

リレハンメルパラリンピックに出場します。

 

その後、本格的にトレーニングに励み、

車いす陸上競技に挑戦し、1998年の

長野パラリンピックでは、メダル4個

(金2、銀2)を獲得し、注目を集めます。

 

また、2004年アテネパラリンピックでは、

5000mで金メダルを獲得、日本人初の

夏冬パラリンピックで金メダリストと

なったアスリートなんですよ。

 

そして2005年には、所属先のコーチの

男性とめでたく結婚。

 

翌年、幸運にも新たな生命を宿した

のでした。

 

車椅子の生活になっても、子どもを

受胎し、出産する事はできたんですね。

 

「母体に負担をかけない為にも全身麻酔

して帝王切開で生みましょう」

ドクターからそう言われたそうです。

 

「ちょっと待ってください。

多くの女性が自然分娩で生んでいるのに、

なぜ私はできないんですか?

 

私も生みの苦しみの向こう側にある

生みの喜びを味わいたいんです。」

 

「いや、それは非常に危険だ、

命をかける事になる」

ドクターは言いました。

 

「今まで私の人生は命がけでした。

 

私のこの命を、お腹の我が子に

かけないで、いったい何にかければ

いいんですか!」

 

彼女の強い意志に、ドクターは一緒に

その困難に立ち向かう事になります。

 

「今、できるありとあらゆる最善を

尽くしましょう。」

 

出産に必要な体力作りは、歩けない

土田選手にとっては大変なことでした。

 

そして最終的に、土田選手は、困難を

乗り越えて、無事、元気な男の子を

生む事ができたのです。

 

土田選手は、そんな想いで出産されて

いたんですね。

 

命とはなんて尊いのでしょう。

 

医学の進歩によって、出生率は上がり

ましたが、本来、この世に命が誕生する

事は、母体に大きな負担かけた

命がけの事なんですね。

 

もしかして私もこんな想いでこの命を

授かったのだろうか・・・。

 

お話しを聞きながらそんな気持ちになり、

いつの間にか涙があふれてしまいました。

 

生きているという事は、本当に素晴らしい

ですよね。

 

自分も人もそんな想いでこの命を頂いて

いるのかもしれません。

 

この命を大切に、これからも輝かせていきたい

ですね。

メンタルトレーニングで営業を強化 岡崎哲也