自分の気持ちが分からない(メンタルブロック)


今回のメンタルブロックは
【感じてはいけない。自分が感じたいように感じては
いけない。特定の感覚、感情について感じてはいけ
ない】
についてご紹介します。

■24個のメンタルブロックとは?


【主訴】
(しゅそ)・・・・・主な訴え
・「悲しみ」「恐れ」「怒り」「喜び」「幸せ」を感じない
・思考ばかりしている
・いつも第三者の立場で客観視している
・自分の感情が分からない
・周りの人の感情に合わせてしまう(「あーそうよね」)
・人と同じ感情を感じてしまう(同一化)
・学習された感情(ニセモノの感情)を使う
・「イライラ」→「悲しみ」の抑圧
・何でも「恐い」→「怒り」か「恐い」の抑圧
・「笑う」→全ての感情のうちのどれかの抑圧
・痛みや満腹感、空腹感、味覚(甘い、辛い)といった
「感覚」を感じない
・摂食障害(自分が感じたいように感じてはいけない。母親の
ように感じなければならない→摂食が感情の代替になって
いる。感情が留まってきて吐き出したい時に、食べて吐き出す)

 
【インプリンティングの場面】・・・・・メンタルブロックが作られた場面
・感情を出すと抑えが効かなくなる自分に恐怖を感じた
・感情を出した時に笑われたり怒られたりした
・親が感情的になる人を批判していた
・親から特定の感情を感じることを禁止されていた
(「男(女)の子は泣いて(怒って)はいけません」)
・親の為に感情を表すことをがまんした
(「私が悲しそうにすると、親がつらくなるから」)
・親の感情の面倒をみてきた
(母親がうつ状態だったので、私はいつもニコニコして
何でもないように振る舞った)
・いつも怒ってばかりいる短気な親が嫌だった。
「私は絶対に怒らない」と決めた
・虐待を受けて、ツライ感情を抑圧(我慢)するようになった
・両親が感情を自然に表現しない人だった
・両親が幸福感を感じたり、ものごとを楽しんだりしない人だった
※これらインプリンティングの場面は参考であって、必ずしも
こういった場面で感じてはいけない。自分が感じたいように
感じてはいけない。特定の感覚、感情について感じては
いけない
のメンタルブロックを持つわけではありません。

すべては、その本人がどうとらえたかに関わってきます。

■24個のメンタルブロックとは?