自分を知るメンタルトレーニング


自分を知るメンタルトレーニング
あなたは自分の事を分かっていますか?

 

もっと言うと、どこまで自分の事を分かっていますか?
自分の心は本当に奥深く、未知なる世界のようです。

 
例えば、どういう時に笑いのツボにはまったり、どういう時に
嬉しいと感じたり、どういう時に元気になったりするのかを。

 
そして、どういう時に落ち込んだり、悲しんだり、怒ったり、
悔しさを感じたりするのかを。

 
日本は飛鳥時代に仏教が伝来してから、僧侶の修行の
1つとして座禅が広がりました。

 
そして鎌倉時代以降、特に室町時代の頃には武士の間で
好まれ、日本庭園にも大きな影響を与えています。

 
これは、
『自分の本当の気持ちを感じてみる』
ことから始まります。

 
それはまるで未知なる深海を、潜水艇でゆっくりと手探り状態で
探索しているようなもので、その都度大きな発見に驚かされます。

 
効果としては、自分がどんな時にどんな反応(思考)をするのかを
把握できるようになって、自分をよりよい状態にコントロールできる
ようになります。

 
通常、私達は外的な刺激の方が多過ぎて、内的な自分の気持ちを
あまり感じられなくなってきています。

 
なので、あえてそういった自分を見つめる時間を大切にする必要が
あるんですね。

 
僕も自分の心を見つめる時間を大切にしてますが、例えば、あの人
のあの言葉がどうも心に引っかかっているとか、自分がどうして
あの時にあんな事をしたのだろうとか、そういう事に
『とらわれている自分』
に気付くと、そこから抜け出る事が
できるようになります。

 
そして、自分の能力を発揮できる、気分が良くなるリズム・テンポを
つかめるようになります。

 
方法は、形にとらわれず、ただ目をつぶり外界の情報を遮断して、
ひたすら自分の心がどんなふうに移動していくのかを感じるだけ。

 
まずは
『座ってみる』

今回もあなたの心の成長につながれば嬉しいです。
禅の開祖 だるま大師

 

Fotolia_46699850_XS

 

 

 

 

■メンタルトレーニングで営業力強化

メール講座(全10回・無料)

メルマガボタン