近江商人の三方よし


近江商人の三方よし
あなたは既にご存知かもしれませんね。


ビジネスの勉強をしていくと、よく出てくるのが
『近江商人の三方よし』
 

この考え方は、ビジネスにとって重要な事を
教えてくれます。


江戸時代から明治期にわたって、
現在の滋賀県に属する『近江』地域に
多数現れた「近江商人」。


その近江商人は、天秤棒を担いでは、
地元の名産品を他の地方で販売し、
帰りにはその地方の名産品を運び、
地元の近江で販売していたそうです。

近江商人は、他の地方では一回きりの
商売ではなく、毎年出かけては得意先を
開拓しなければいけませんでした。


その為、”信用” という目に見えない財産を
築く必要性があったのです。


そういった背景から、
「売り手よし、買い手よし、世間よし」
「三方よし」の経営理念ができたそうです。


ところで
私の場合は、あるところで学んで得た
知識を別のところで活用したり、欲している方に
お伝えする事を繰り返してきました。
まさに雪だるま方式です。(笑)

では、この「三方よし」の考えを私たちの
ビジネスにどのように置き換えられるでしょうか?

社会の役に立って、価値を感じてもらって
信頼を得て、相手も自分もいい方法とは・・・。

この『近江商人の三方よし』とは、
1つ1つの地道な積み重ねなのでは
ないかと感じています。

 

その後、私はあるところで「3方よし」が

発展した「10方よし」という言葉を聞きました。

 

10方よしとは、こちらのことを言います。

(鳥内さんの資料)

・自社の幸せ(売上げアップ)

・従業員の幸せ

・お客様の幸せ

・取引先の幸せ

・地域の幸せ

・業界の幸せ

・国の幸せ

・世界の幸せ

・環境の幸せ

・未来の幸せ

 

視点を広げることは、とても大切

ですよね。

 

関わる全てが、時間と空間を

超えて、win-winになったら

嬉しいです。

 

 

 

■メンタルと営業を強化してビジネス加速する

メール講座(全10回・無料)

メルマガボタン