ビジネスマンのメンタルトレーニング


Fotolia_76880480_XS

ビジネスマンのメンタルトレーニング

 

もしあなたがビジネスマンだったら一番、必要

とされる能力は何だと思いますか?

 

企画力?営業力?リーダーシップ?

コミュニケーション力?問題解決能力?

先見力?仕組み作り?どれも大事ですよね。

 

たとえば予想外の場面になっても、

とっさにアイデアが豊富に思い浮かんで

頭が柔らかく、柔軟性があって、普通

だったらトラブルになるようなことでも、

見事な立ち振る舞いでトラブルになら

ない人って周りにいないでしょうか?

 

そんな人はスゴイな~と思います。

 

会議でも周りの人たちにヒラメキや

インスピレーションをもたらす

アイデアや言葉がポンポン

出てくる。

 

お客さんから一目置かれている、よく

人から相談されたり、社内だったり、

取引先からだったり、あなたが起業家、

自営業者、経営者だったら同じ経営者

仲間からも必要とされる人とかが

いますよね。

 

この人と一緒に仕事をしたいと思われる

ことは本当に素晴らしいですよね。

 

営業の商談時で予想外の壁に

直面した時にも、機転の利いた

この能力は効果を発揮しますよね。

 

商品開発力、企画・プロモーション、

営業、交渉、コミュニケーション力、

問題解決能力、先見力、それら

ビジネスマンに必要な一番、大事な

能力は、『アイデア』だと思うのです。

 

そこで

「アイデアはいかにして生まれるか?」

広告業界で有名なジェームス・W・ヤング

さんという方が「アイデアのつくり方」と

いう本でこのように語っています。

 

「アイデアとは、既存の要素の新しい

組み合わせ以外の何ものでもない」

 

「新しい組み合わせを作り出す才能

は事物の関連性を見つけ出す才能に

よって高められる」

 

そしてこれを聞いてあなたは疑問に

思いませんか?

 

私たちは、今までたくさんの勉強をして

知識・体験しているはずなのに、なぜ

それが活かされないのだろう?

 

そして私たちは、知識や経験が

点と点としてつながってないと

言えるのです。

 

そして「どんな業種や分野でもトップクラス

になる為には、1万時間の勉強が必要だ」

という有名な言葉もこれに関係すると

言えますよね。

 

では、私たちは1万時間、特定の分野を

勉強していなかったら、アイデアが

わかないのでしょうか?

 

そんなことはありません。

アイデアが浮かびやすくなる

メンタルトレーニングがあるのです。

 

それはあなたにアイデアが浮かび

やすくなる心や脳の状態、を再現

することです。

 

こちらはまた改めて、詳しくご紹介

するとして、今回はもっと簡単な方法を

お伝えしたいと思います。

 

それは、世の中に既にあるアイデア

思考法を学ぶことです。

 

たとえば、ロジカルシンキング(論理的思考法)

は、ゴールに向かって1つづつステップを

踏んで順序立てて進んでいく思考法です。

 

それに対して、ラテラルシンキング(水平思考)

と呼ばれている思考法があります。

 

このラテラルシンキング(水平思考)は、

既成概念、固定観念、一般常識、

当たり前、などそんなこと、ちょっと

ムリかも?と思うような軽いメンタルブロック

を突破する思考法です。

 

特にそのような固定観念を持ってない

何でもできると思っている子供の思考法

に近いと言えます。

 

それはロジカルシンキング(論理思考)が

大人の思考法に対し、ラテラルシンキング

(水平思考)が子供の思考法と言えるでしょう。

 

たとえば、登山を考えた時、Aの道で行っても

Bの道で行ってもロープウェイを使っても

ヘリコプターを使っても、山頂に到着すれば

どんな方法を選んでもOKということなんですね。

 

そこでこの頭を柔らかくして、アイデアが

出やすくなるビジネスマンになる為に

このラテラルシンキング(水平思考)を

取り入れたメンタルトレーニングをお勧め

しています。

 

ここでは簡単にご紹介しますね。

 

 

1.何かテーマを決めます。

そこでたとえば逆転した視点で

考えてみるのです。

 

・たとえば自然法則に反発してみたら

どうなるだろうか?

 

・地球の重力がなかったら?

 

・業界の常識をとっぱらってみたら

どうなる?

 

・色をカラフルにしてみるとどうなる?

 

・時間軸をメチャメチャ長くしてみたら

どうなる?地球創世から数万年後とか。

 

・数量をメチャメチャ足してみたら

どうなる?

 

・数量をメチャメチャ減らしてみたら

どうなる?

 

・条件を混ぜ混ぜにしてみたらどうなる?

 

・ありえない方法って他にない?

 

・タコみたいな宇宙人だったらどうする?

 

・歴史上の偉人だったらどうする?

 

・お金のことは一切、気にしなくても

良かったらどうする?

 

などなど、子どもの脳、思考法に

切り替えて、何でもOKで、バンバン

出していきます。

 

そんなアホな~と思える極端なアイデア

であればあるほどいいです。

 

ある程度、ブレーンストーミングで

ありえない、笑えるアイデアが

たくさん出てきたら、その後、実現

可能なことに絞り込んでいきます。

 

そんな拡散と収束の2ステップで

やっていきます。

 

あなたの子どもの脳を刺激して、

あえて固定観念をブチ壊した

アイデアを出す練習をしてみて

くださいね。

 

全くの逆視点からのメンタルトレーニング

をすることで、あなたのアイデアが

爆発しますよ(^^)

 

 

 

セルフイメージコンサルタント

岡崎哲也

 

 

■メンタルと営業力を強化してビジネス加速する

メール講座(全10回・無料)

メルマガボタン