メンタルトレーニング、ガルシアへの手紙


メンタルトレーニングで営業力強化
セルフイメージコンサルタントの

岡崎哲也です。
いつもお読みくださり、ありがとうございます。

 

【メンタルトレーニング、ガルシアへの手紙】

あなたは『ガルシアへの手紙』のお話しをご存知ですか?
とても有名ですが、私はこのお話しを聞いた時、
すごく共感して心に響いたのであなたにも
シェアしたいと思います。

 
時は、1898年の米西戦争。
(アメリカとスペインの戦争)。
米国大統領マッキンレーは、当時スペイン領だった
キューバにいる反スペイン軍のリーダー、ガルシア
早急に連絡を取る必要があった。

 
そのガルシアという男は、キューバの山奥にいるという
こと以外、何の情報もない。
郵便も電報もガルシアには届かない。
なぜならガルシアは、どこにいるのかさえ分からないのだ。
だが大統領は戦争を終結させる為に、なんとしても
ガルシアの協力が必要だった。
そこである高官が大統領に進言した。

「ローワンという男なら必ずやガルシアを見つけて
くれるはずです」

 
そしてローワンは、大統領の前に呼び出された。
「この手紙をどうしてもガルシアに渡して欲しい。
だがガルシアは、キューバの山奥にいること以外、
全く情報がないのだが、国の為に、この仕事を
引き受けて欲しい」

 
ローワンは、大統領の顔をじっと見上げるとガルシア
について何も言わず、何も聞かず、黙ってその手紙を
受け取った。
そして小さなボートでキューバへ渡り、スペイン兵が
潜伏しているジャングルへと消えていった。
ローワンという男が、どのくらいキューバの事を知って
いるのかは分からない。

 
それからどのように行動したのかも分からない。
だが3週間後、ローワンは再び姿を現してこう伝えた。
「手紙はガルシアに渡した」と。
あなたはこの物語を聞いてどのように感じるでしょうか?
ここで大事なのは、もし誰かが何かで困った時、
「彼ならきっとそれをやり遂げてくれるに違いない」
そんなローワンのように自分の事を思い出してもらえるだろうか
という事です。

 
そして充分な情報が無くても今、あるものを最大限
活かして、必ず結果を出すという事。
その為には情報収集力、分析力、判断力などを兼ね備えた
鋼鉄のメンタルが必要となってきます。
私は、この物語を初めて知った時に、思いました。
「自分もローワンのようになろう」

 
目的達成するには、どんな方法・手段を使っても間違いは
ありません。
ある人は自転車に乗り、ある人はスクーターに乗り、ある人は
軽自動車、又はダンプカーに乗るかもしれない。
または、バス、電車、新幹線、飛行機、船、ヒッチハイク
などなど、何でもありだ。

 
そして目的地に早く着きたい人もいるかもしれないし、
目的地までの道のりをじっくりと楽しみたい人もいるかもしれない。
要するに、人に迷惑をかける事以外は何でもありなんですよね。
なので私は、目標達成は、自分の責任において、自分の腹で
考えて、大義の為に行動しよう、そう思った。
あなたと一緒にローワンのような戦友になれる事を望んでいます。

 

ローワンのような強靭なメンタルを持つには

どうしたらいいのでしょうか。

それにはメンタルトレーニングを

日常に取り入れるということなんですね。

あなたの参考になれば嬉しいです。

 

 

メンタルと営業を強化して
ビジネス加速するメール講座

(全10回・無料)