メンタルブロック解放、力が欲しい!


CIMG8026

【メンタルブロック解放、力が欲しい!】

「力が欲しいか?

ならば力をくれてやろう」

あるマンガで、そんな出だしだったと
思います。

それを見て、ドキッとしました。

なぜなら先日、来られた40代、
男性コンサルタントAさんから
こんなメンタルブロック解放コンサルの

相談があったからです。
(許可を得てシェアしますね)

「もっと仕事でお金を稼ぎたいのに、
なぜか自分の仕事を先送りして、わざと
苦労する方を選んでしまっている感じが
するんです。」

具体的には、人からの誘い事や
お願い事などを優先してしまうとの
相談でした。

「Aさんは子供の頃、苦労しないと
いけないと思った事はないですか?」

そう聞いてみると、
ポツリ、ポツリと語り始めてくれました。

「私が子供の頃、お父さんが苦労して
人に頭を下げたり、健康を崩してまで
家族の為に働いていました。」

「それを見て、どう感じたの?」
と尋ねると、普段、考えていないような事を
感じ始めたみたいなんですね。

「お父さんの苦労を少しでも軽くして
あげたいと思ったんです」とAさん。

子供の頃の気持ちに戻って
答えてくれました。

「お父さんの苦労を軽くしてあげたいと
思って、Aくんも苦労するようになったの?」

「はい、お父さんの苦労を軽くしてあげたいから、
私もお父さんの苦労を受け取ろうと思いました」
(涙ぐむ)

「Aくんはお父さんの苦労を受け取ったんだね」

「お父さんを助けたかった・・」(泣)

「Aくんがお父さんの苦労を受け取ったら、
お父さんを助けられるの?」

「・・・助けられない。
僕にもっと力があったら・・」(泣)

「Aくんは、お父さんを助けられなくて
自分には力がないと思ってるんだよね」

・・・(泣)

Aさんは、小さい時、自分には力がない

と思い込んでしまったのです。

(メンタルブロック)

 

「Aくんは力がないままで
お父さんを助けられるの?」

「助けられない」

「じゃあ、お父さんの苦労を
受け取るのをやめようか?」

「いやだ!お父さんを助けたい」

「どうする?このまま、お父さんを
助けられなくてAくんは力がないままでいる?

それともお父さんを助けられなくても
Aくんは力がある方を選ぶ?
こちらはお父さんの苦労を
受け取るのをやめないといけないけどね」

「目の前にお父さんがいると思って、
どちらを選ぶのかAくんの気持ちを伝えてみて」

「お父さんを助けられなくても私は力があります。
お父さんの苦労を受け取るのをやめます。(泣)」

 メンタルブロック解放

 

この後、Aさんは自分の仕事を
優先できるようになり、
今まで気付いていなかった
心の欠乏感が無くなったそうです。

私たちは、子供の頃、
お父さんやお母さんが好きで、
親の苦労を何とか助けたいと
受け取ろうとする場合があるんですね。

そして「親を助けられない自分には
力がない、価値がない」と自分に自信がなくなり、
自分を許せないと間違った思い込みを
持つことがあります。

もしあなたがもっと仕事でお金を稼ぎたいのに、
なぜか苦労する方を選んだり、
自信を持てず自分を責める気持ちが
あるようでしたら、

子供の頃、そんな気持ちになる原因が
なかったか自問自答してみてください。

そして本当は自分は自由で完全である
ことの方を受け入れてくださいね。

 

あなたがメンタルブロックを解放

されて本来の自分になることを

応援しています。

 

セルフイメージコンサルタント

岡崎哲也