右腕が敵意を・・社長のメンタルブロック


Fotolia_64884364_XS

 

右腕が敵意を・・社長のメンタルブロック

 

もしあなたが社長・経営者

でしたら、右腕の育成に苦労して

いませんか?

 

以前、社員15人規模ぐらいの40代

創業社長から、こんなご相談が

ありました。

(許可を得てご紹介します)

 

右腕が私に反抗的で、仕事のやり方

でよく衝突します。

 

能力は高く、部下が働きやすい環境

や売上が上がる仕組みを作ったのは

認めますが、

 

言い方も限度を超えていて、ワガママ

なところががあり、認めることが

できません。

 

私は、本当はあまり衝突するのは

好きではありません。

 

にも関わらず、右腕が実績を

作れば作るほど、態度や主張が

強くなり、時には私に敵意の

ような怒りの感情をぶつけて

くるのです。

 

その時、私はイラっとしますが、

もめたくないので、打ち合わせがある

一定レベルを超えると、私の方から話

を止めてしまうことがあります。

 

感情的になっている相手に、

何を言っても「言い訳」のように

聞こえるからです。

 

ですが、

「社長、また逃げるんですか?」

右腕からそう言われ、悪循環に

なっているんです。

 

本当は、彼と向き合って話を

しないといけないところ、私の

中で、もめたくない気持ちが強くて

それを避けてしまいます。

 

「これは私の精神的なことですが、

解決できますか?」

 

 

実は、このようなケースでご相談

されることは少なくありません。

 

それは右腕に限らず、特定の

幹部、マネージャー、社員、お客様、

取引先、親戚、友人などの場合も

あります。

 

そして、そのストレスを抱え続け

ると、自分の仕事のパフォーマンス

が落ち、眠れない状態を引き起こし、

大事な経営判断に支障をきたす場合

がありえます。

 

そう伝えると、「そうなんです、

これがストレスになっていて、

なかなか眠れないんですよ」

とのことで、私のセッションを

受けることになりました。

 

セッションでは、仮にその右腕が敵意

や怒りをぶつけてきたところをイメージ

してもらいます。

 

その時、その社長に、意識的・

無意識的に、どんな心の変化が

起きているかを見ていきました。

 

すると、急に表情がこわばり、緊張

して、胃がギュッと締め付けられる

ような感覚があり、怖い気持ちが

湧き上がってきたと言うのです。

 

それから、その感覚ができた過去の

記憶をさかのぼっていきました。

 

人は、ある特定の反応パターンを

身に付けた場面があるからです。

 

すると、だんだんと、小学3年生の

時に、何かの誤解で、同じクラスの

男子生徒数人から、

 

「何であんなことしたんだ。

お前のせいだ!」と責められて

いる場面を思い出しました。

 

その時、少し反論したけど、

聞き入れてもらえず、怖さの

あまり、言葉を失い、

何も言い返せず、立ちすくんで

いたのです。

 

小学生3年生の子供にとって、

数人から囲まれて責められるのは、

誤解とはいえ、ある意味、いじめ

に近い状況かもしれません。

 

その時の恐怖心を、呼吸法などを

使いながら、ゆっくり解放して

いきました。

 

そしてまだ他にも似たような

恐怖心が残っていると言うので

探してみると、

 

ぼんやりと、幼稚園の時、自分よりも

体格の大きい子供から、おもちゃを

取られたことを思い出しました。

 

幼稚園の子供が、おもちゃを取り合う

ことは、全然普通にどこでもあること

ですよね。

 

ですが、本人にとっては、身体が

硬直して動けなくなるほど、

怖い体験だったのです。

 

その恐怖心も、ゆっくり解除して

いきました。

 

そして、もうあまり怖い感覚が

感じられなくなったと言うので、

 

先ほどの右腕が、敵意や怒りの感情

を向けてきた場面をイメージして

もらったところ、胃がギュッと締め付け

られる感覚や怖い気持ちが湧いて

こないと言うので、セッションは終了。

 

 

「まさかあんな出来事が、右腕との

ストレスの原因になっているとは

思わなかったです」

 

セッション直後、社長は、私の

セッションで、ご自分の記憶を

思い出されてビックリ驚かれて

いました。

 

もう随分、昔の自分の小学生や幼稚園

の頃の体験で、しかも誰でも体験して

いる可能性があるレベルの出来事が、

原因になっていたからです。

 

 

数日後、その社長から、こんなメール

が届きました。

 

「右腕とまた話し合うことがあり、

今までのように、私に不満や敵意、

怒り、ワガママをぶつけてきました。

 

ですが以前のような怖さは感じず、

向き合って話し合うことができました。

 

終始、右腕は、イライラしていました

が、本人も自分を認めてもらおうと

必死なんだなと、少し余裕のある

気持ちで受け止めることができました。

 

以前だったら、もめたくないと

話し合いを止めていたんですけどね」

 

 

時々、他の社長で、

「私はメンタルブロックなんて無い、

社員のメンタルブロックを外してくれ」

と言われたり、

 

「自分は親から虐待されてないから

メンタルブロックは無い」

と言われる方がいます。

 

もしメンタルブロックが無いので

したら、その人は、悟りを開いて

いるか、仙人か聖人ということに

なります。

 

信念・価値観が無く、欲も無く、

ストレスも悩みも、困っていることも

一切無いということですから。

 

むしろ人間誰しも、メンタルブロック

があって当然です。

 

メンタルブロックとは、偏った信念、

価値観、反応パターンで過度な

ストレスやプレッシャーの原因と

なっていることが多くあります。

 

そんな右腕との間に過度なストレス

を感じ続けることは、時間や労力、

他の社員への影響、取引先、経営判断

の遅れなど、どれだけ機会損失するか

分かりません。

 

今回の社長もストレスが減り、

本来のもっと重要な経営に専念

していけそうで嬉しいです。

 

また、今回の社長からは、他の社長

を紹介して頂きまして、本当に感謝

です。

 

ところであなたは、右腕や社員

から、怒りや敵意を向けられて、

胃が痛んだり、ストレスを感じて

いませんか?

 

 

PS.

その1週間後、見える景色が

明らかに変わりました、と

メールを頂きました。

自分本来の自信を取り戻して、

経営に専念できているようで

本当に嬉しいです。

 

 

セルフイメージコンサルタント

岡崎哲也

 

 

■メンタルトレーニングで営業強化

メール講座(全10回・無料)

メルマガボタン