講師のメンタルトレーニング


講師のメンタルトレーニング

先日、30代の男性から、こんな相談がありました。
「セミナー依頼があって、今度、初めてセミナー講師を
行うのですが、全然イメージがわかないんです。
そんなコンサルは受けられるのでしょうか?」
そんな内容でした。
その方の名前は出さないという事で、本人の了解を
得ていますので、シェアさせて頂きますね。

初めてセミナー講師をされる時は、準備がたくさん
ありますよね。
その方は、幸運にもセミナーは依頼されたので主催者が
集客や段取りなどを全て行ってくれるのでセミナーは
講師として行うだけでOKです。
ですが、それでも自分のセミナープログラムはどうなのか?
そしてもっとセミナー講師として自信をつけたいというものでした。
これはメンタルをサポートするという事になります。
そこで実際にコンサルを受けて頂く事になりました。
彼にそのセミナーをしている様子をありありとイメージ
してもらいました。
会場の広さ、人数、男女比、年齢、服装、受講者の表情、
などなど。
彼に前に立ってもらい、その前にイスをたくさん並べて、
可能な限りその状態を再現していきました。
そして私も受講者の1人になってイスに座りました。
彼に、セミナー受講者にセミナー受講後、どのようになって
欲しいかを聞くと、「感動して行動の一歩を踏み出して欲しい」
との事。

 

それから彼には実際に、行う予定の流れでセミナーの
ダイジェスト版、ポイントだけを行ってもらいました。
その内容を見てからのフィードバック。
メリハリを付ける為に、強調した方がいいところ、
伝わりやすいジェスチャー、もっと感情を込めた方がいい
ところなどを伝えて修正していきます。
さらに今度は彼に受講者になってもらいます。
自分が受講者になった時、そのセミナー講師の話しを
どう感じるのか?
そして座るイスの位置も変えていきます。
最前列の左、中央、最後列の右・・・。
「最前列から中央ぐらいまでには声が通っているけど、
後ろになればなるほど講師の伝えたいメッセージが
伝わらない。」そう彼は感じた。
「ではどうやったら改善できそうですか?」
そこで再度、講師として前に立ってもらってイメージして
もらった。
すると今度は、先ほどとは見違えるような大きなジェスチャー、
感情の込もった声になってメリハリが出てきました。
そしていよいよクライマックスシーン。
渾身の力を最後のメッセージに込めて解き放ちます。
それはまさに砲丸投げの室伏選手が、砲丸を投げた瞬間の
ような感じでした。
なりやまない拍手。

 

この時、私一人でしたが、彼にとっては50人ほどの受講者、
50人分の拍手の音が鳴り響いていたのでした。
このコンサルの2週間後、
「あのコンサルを受けていたので自信を持って進める事が
できました。あのクライマックスシーンそのまんまでした」
と感謝の電話を頂いたのでした。
ここで重要な事は、
■大事な場面でどれだけリアルな成功イメージを持てるか。
■多方面から自分を客観視したフィードバック、気付きを得られるか。
などです。
こうして人のお役に立てる事は、とても嬉しいですね。
あなたがもし、大きなチャンスを得て、舞台に立つ事になった時、
その成功をより強化する為に、信頼できる人のコンサルを
受けるのも1つの手段になりますよ。
あなたの成功を心から応援しています。

 

メンタルと営業を強化して
ビジネス加速するメール講座

(全10回・無料)