営業力強化、先延ばしを今に換える技術


Fotolia_76880480_XS

営業力強化、先延ばしを今に換える技術

 

先日、口コミ販促ツールの専門家、

まきやさんの小冊子「先延ばしを

今に換える技術」にコンテンツ協力

させてもらった関係で、少し多めに

頂いたので5名限定で、欲しい方を

募集したんですね。

 

こちらの記事

営業マインド、今、買う理由

 

そして興味を持たれた方にご連絡を

頂いたので、小冊子を発送させて

頂きました。

 

するとその中の1人で営業コンサルタント

の方から、発送した小冊子が届いた

お礼と感想を含めて、「営業力強化

、先延ばしを今に換える技術」、に

関係する事例をメールしてくださった

ので、許可を得てシェアしたいと

思います。

 

こうやって、交流できるのは本当に

ありがたいですね。

 

~~~~~~~~

小冊子「先延ばしを今に換える技術」

が届きました。

 

ページ数は少ないのに、とても簡潔

に要領よくまとまっていて、漫画や

写真があって、躍動感と言いますか、

語りの言葉が見えるだけでなくて、

聞こえて来るようです。

 

そこでひとつ、私の関係で営業マン

のエピソードを紹介します。

 

あるOA機器をクリニックに売り込む

営業マンとその上司の同行営業での

できごとです。

 

営業マン: 先生、例の件、いかがでしょうか。

ドクター: ああ、あれねえ、そうだねえ。

来月に決めたいと思うんだよね。

営業マン: じゃあ、来月でしたら、いつごろが

ご都合宜しいでしょうか。

上司: あ、ちょっと、待ってください。

(営業マンのアポ取りを制止する)

上司: 先生、よろしかったら、今日お決めに

なれない理由をお聞かせ頂けない

でしょうか?

ドクター: ああ、そうだねえ、う~ん。よっし、

じゃあ、決めよう、決めたよ。

上司: ありがとうございます。

 

一般的に、営業マンは、お客様に逆らって

はいけない、相手を不快にさせては

いけない、顧客には顧客の事情がある

はずだと思い、顧客の言いなりになり

やすくなったりします。

 

これは、実例ですが、このドクターとは、

最初の商談に始まり見積書を提出して、

いよいよクロージングという日程が

予め分かっていたので、その日は、

上司が念のために同行営業した

んですね。

 

いただいた小冊子の切り口とは少し

違う印象のエピソードかも知れません

が、顧客との対話という観点では、

正に、「先延ばししない、させない」

という思想だと思います。

~~~~~~~~

 

メッセージを頂き、ありがとう

ございます。

 

ここで付け加えると、ドクター(顧客)

も、いいと分かっていても、何となく

決断を先延ばしにする場合だって

ありますよね。

 

そもそも先延ばしにしている理由

すら分かってない場合だって

あります。

 

もちろん、これはそれまでの営業マン

(会社)とドクターとの信頼関係や

ドクターの心の状態、それを読み取る

感性、そしてタイミングなども関係

してきますよね。

 

もし、あなたがこのような場面になった

場合には、参考にして頂けたら嬉しい

です。

 

また、この記事の感想やご自分の

営業シーンでの事例のシェアは

大歓迎ですよ。(^^)

 

 

セルフイメージコンサルタント

岡崎哲也

 

 

■メンタルと営業力強化でビジネス加速する

メール講座(全10回・無料)

メルマガボタン