営業メンタルの問題?商品の問題?メンタルトレーニング


Fotolia_57922960_XS

「営業を頑張っているんのですが、

上手く売れないので自信をもっと

付けたいです」

 

以前、ある商品の代理店をされて

いる40代男性からそんな相談

を受けました。

 

「ではその自信が無くなっている

一番の原因は何だと思いますか?」

と聞いてみると、

 

「ええっと、、、よく商品のクレームとか

返品を受けるんです。そしてお客さん

に断られたりすると自信が無くなって、、」

 

「それって、、、、

営業メンタルの問題ですか?

商品の問題ですか??」

 

「そうですね・・・・」

その方の声が小さくなっていきました。

 

その方によると、売れない理由は、

扱っている商品がクレームや返品、

トラブルが多くあるので、

 

新規開拓で新しいお客さんのところに

営業に行った時に、また断られるんじゃ

ないか、クレームや返品になるんじゃ

ないかと思って足が重くなって気持ちが

のらないのだそうです。

 

そもそも商品の問題を、営業の

メンタルトレーニングで自信を付けたり

メンタルブロック解放セッション、営業

のトレーニングでカバーするのはちょっと

無理があります。

 

もちろん、効果はありますが、

自分では、この商品はトラブルが多い

と分かっていながら、後からお客さん

が困ってもいい、とにかく売れれば

いいというのは、本音・理性の自分と

建前・やらなければいけない気持ちの

対立が強くなって自分が苦しくなって

しまうんですね。

 

なので最初に、原因・課題の分離が

重要となってきます。

 

そして当然、どんどん改善・改善して

時代やお客さんのニーズに合わせて

商品・サービスなどが進化していく

ことは必要ですよね。

 

そこで「商品のクレームの改善に

ついては仕入先か製造会社と話し合って

みてはどうでしょうか?」

と私から提案しました。

 

以前、知り合いの経営者がこんなことを

言ってました。

 

売れない商品は、売れる商品に

入れ変える決断が重要だと。

 

コンビニやスーパーも売れ筋商品に

どんどん棚を入れ変えてますもんね。

 

人の事はよく分かるのに、なぜか自分

のことになると分かっているようで

分かってないみたいです。

よくそんなことをお聞きますが、あなたは

どうでしょうか?

 

実は今回のようなそもそも論的な

ケースもありますので、ちょっとご自分で

原因を分析してみてくださいね。

 

 

 

セルフイメージコンサルタント

岡崎哲也

 

 

■メンタルと営業を強化してビジネス加速する

メール講座(全10回・無料)

メルマガボタン