その営業のメンタルブロックは解除してはいけません


Fotolia_70893555_XS

先日、ある大手営業会社の20代

後半の中堅営業マンがコンサル

を受けに来られた時のことです。

 

「今、私は同僚の中ではトップ営業

なのですが、先輩や上司では売上が

5000万や1億という方もいて、私も

早くそうなりたいです。

 

ですが、なぜかある程度のところで

頭打ちになってて、どうも自分には

何かのメンタルブロックがあるように

思うんです・・・」

 

身体がガッチリしたパワーがあり

そうな男性でした。

(本人の許可を得てシェアしています。)

 

「具体的には、今、どんな状況なん

ですか?」と聞きながら

 

その方が話してくれた内容の

気になったキーワードを共通認識

の為にホワイトボードに書いていきました。

 

たとえば、忙しいことを理由に

逃げている自分がいる、とか、

本当はもっとできるはずなのに

頑張っているフリをしている自分

がいる、などなど。(詳細省略)

 

そしてどれが一番、自分では

外した方がいいメンタルブロック

だと思いますか?

と聞くと、

「自分の甘さです」

とのことでした。

 

確かにそれもあると思います。

 

そして私が一番、気になる言葉は

こちらだったんですね。

 

それは・・・・・

 

「本当は稼ぎたくはないのかも

しれません」

という言葉でした。

 

どうしてそう思うんですか?と聞くと

「分かりません、何となくそう感じる

んです」とのこと。

 

いろいろと話していると、

やっぱりこちらのメンタルブロック

を外したいと言い始めたので、

では始めましょうとなりました。

 

すると・・・・・

 

なぜか彼の表情が浮かないのです。

詳しく言うと、では始めましょうとなった

瞬間に彼の表情が曇ったのです。

(これは無意識の反応です)

 

さっきまで、「営業のメンタルブロック

を外して自分もデキる先輩のように

売れる営業マンになりたいです!」

と言っていた彼の目の輝き、声の張り、

ジェスチャーから感じていた

モチベーション・やる気、生命力が

感じられなくなったのでした。

 

「・・・・・・」

 

「何が止めてますか?このセッションを

することを・・」

そう私が尋ねると、

「いえ、止めてるものなんてありません。」

と首をかしげながら不思議そうに

答えてきます。

 

「私には、このセッションをしたくないと

言っているように感じるのですが・・・」

 

「え・・・・そんなコトないですよ。

外したいです!」

(またモチベーションがちょっと上がる。

こちらは頭の自分・意識の自分)

 

「では試しにその目標にしている

先輩や上司のように売上を上げる

事ができたらどうなりそうですか?

ちょっと先の事をイメージしてもらえ

ますか?」と尋ねてみると、

 

「う~ん・・・」と彼はしばらく考えて、

 

本当は今でも身体が限界なのに

これ以上、忙しくなると倒れるかも

しれない、時間的にも回らなくなる

かもしれない、と言うのです。

 

そして彼の表情がまた一瞬、曇って

肩が落ちたんですね。

(無意識の反応)

 

そして、好きなお客さんや大事な

お客さんのフォローも十分に

できなくなるかもしれない。

その影響で、クレームも出るかも

しれないと言うのです。

 

そして彼の表情がどんどん曇って

いきました。

 

「その営業のメンタルブロックは

解除してはいけません」

 

なぜなら、そうなるのを分かってて

無理矢理、その営業のメンタルブロック

を外すと自分が苦しくなるからです。

 

むしろ無意識が抵抗して、うまく

外れず、結果的に効果がでない

可能性もあります。

 

それがセッションを止めている

理由でした。

 

人は無意識の自分には気付いて

いないんですね。

(だから無意識と言うのですが・・・)

 

「では外すのを止めておきますか?」

と聞くと、

「いえ、外したいんですけど、どうすれば

いいんですか?」

とのこと。

 

そこでそのメンタルブロックを外した

後に困る事を先に解消してあげない

と、もう1人の自分が抵抗しますからね」

と伝えました。

 

では、どうやってその時間が回らなく

なったり、お客さんのフォローができ

なくなったりを解消できそうですか?

と考えてみてもらいましたが答えが

見つかりません。

 

そこで私はこんな提案をして

みました。

 

「自分が目標にしている先輩か上司

は、それをクリアしていると思うので

自分の不安を相談できませんか?

それでその不安を解消するというのは

できないでしょうか?」

 

すると、30秒ぐらい間をおいて

「分かりました、あの先輩に聞いて

みます。時間管理とか。

たぶん大丈夫です」

と答えると腹がすわった感じに

見えました。

(セッションを受ける迷いが消えた)

 

そこで始めても大丈夫だと判断

できたので、セッションを始めたの

でした。

 

セッションで出てきたのは、

彼は営業している時、背中に重い

コンクリートのブロックを背負って

いる感覚でした。

 

そして営業するのは苦しいけど

仕方がないと感じていたんですね。

 

なので、そのブロックを背中から

降ろして、営業するのは楽しいと

いうふうに思い込みを書き変え

ました。(メンタルブロック解放)

 

あの好きなお客さんのところに

行ける、自分が役に立ってお客さん

や取引先から喜びの声や励ましの声

をたくさんもらえて嬉しいと。

 

そしてまさかこんなことが原因

だったとは思いもしませんでした

と彼は言っていました。

(皆さん、よくそう言われます。

なぜならメンタルブロックは無意識

にあるからです)

 

それにしても、あのセッションを

する前に、どうして始めてくれない

のか、自分が気付いていない気持ち

に先に気付いてくれたのには

ビックリしました、と驚きとお礼の

言葉を頂きました。

(こちらもよく言われます)

 

そして数日後、彼から、あれから

爽やかな気持ちが続いています、

とのメールが届きましたよ。

 

ところであなたは営業や仕事は、

苦しいもの、できればしたくないと

思われていませんか?

 

それがもしも楽しい感覚に変わった

としたら、どれだけストレスが減り、

やりがいを感じることで、パフォーマンス

アップや成果につながるでしょうか?

 

そんな時、もしもあなたの営業の

メンタルブロックを外すのを止めて

いるモノがないか、意識を向けて

みませんか?

 

新しい発見があるかもしれませんよ。

 

そしてもし自分ではまだ気づいて

いない本当の気持ちを知りたい場合

には、私はあなたのお役に立てると

思います。

 

 

セルフイメージコンサルタント

岡崎哲也

 

 

■メンタルと営業力を強化してビジネス加速する

メール講座(全10回・無料)

メルマガボタン