営業のクロージングできない人のセルフイメージ


こんにちは、
セルフイメージ
コンサルタントの
岡崎哲也です。

 
今、セミナーに参加して
くださっている方や
セッションに申し込みされ
ている方は、主にこういった
方達です。

 
・売上を伸ばしたい個人事業主

・士業・コンサルタント業・
セミナー講師、セールス
パーソンなど自分自身が
商品だと思っておられる方


・本気でメンタルブロックを解放
して、セルフイメージを向上
させたいと思っておられる方


・自分のビジネスを加速させたい方


そういった方達が、心の
障害から解放されるだけで
なく、しっかりと実績を出し
て頂けるように、ビジネスを
加速するお手伝いをさせて
頂いています。

 
ところであなたは、自分の
ビジネスをする上で
『営業のクロージングができない』
という事はありませんか?
もちろん、その前に人間関係
を作る事の方がとても重要
ですが、どんなにいい人間
関係を作れて信用を得ても、
最後の営業のクロージングが
できなければ、いい人で終わって
しまいますよね。


押し売りをするのとは違います。
相手が少しでも、その商品・
サービスを望んでいる、
迷っているようでしたら、
自分の商品のメリット・特徴
などを伝えて背中を押して
あげるだけでいいです。

 
ビジネスをしていく上では、
営業のクロージング力は非常に
重要となってきますよね。
こちらが提供している商品や
サービスが本当にいいもので
あれば、自信を持っておススメ
しましょう!

 
代金は、字の如く、必要とさ
れているものに対して提供
したものの対価の報酬として
頂けるものですもんね。
と言っても、なかなかお付き
合いの関係上、言いだせなか
ったりしませんか?

 
自分もあまり強引に言われる
のが好きじゃないから、自分
も言いにくいとか・・・。

 
では、その
『営業のクロージングできない』
という心の根底には、どんな
心理的な抑圧や障害がある
のでしょうか?

 
こういった事を総称して
『メンタルブロック』
などと言われてますよね。
その原因は、ご本人によって
様々ですが、24個に分類
されているメンタルブロックの
中だと、

 
◆ありのままの私は重要ではない。
 (自己重要感・セルフイメージ)

かもしれないし、
◆子供であってはいけない。
  (別名 いい子)
かもしれません。
又は複合の場合もあります。

 

もしも
◆ありのままの私は重要ではない。
 (自己重要感・セルフイメージ)

のメンタルブロックを持っていると、
「こんな自分がするサービス
だと申し訳ない」
というような自分には自信が
ない感覚が心の根底にあって
ビジネスを邪魔します。

 
そして、
◆子供であってはいけない。
  (別名 いい子)
のメンタルブロックを持っている
と、可愛そうな人に過剰に
共感して、
お金を頂くのが悪い気が
したり、

怖そうな人などには、
言いたい事が言えない
などのような状態が起こります。

 
これは子供の頃、親の顔色
をうかがって、育ってきた
感覚をそのまま大人に
なっても持ち続けている
状態です。
このメンタルブロックは、
長男・長女・一人っ子、
そして夫婦ケンカなどが
あった家庭に育った子供
に、持ちやすい傾向が
あります。

 
これら自分で自分を抑圧
しているメンタルブロックを
まず外すこと。
そしてクロージングまでの
最適なステップを学び、
トレーニングする事が自分の
ビジネスにおいてとても大事
ですよね。

 
そんな
『営業のクロージングできない
メンタルブロック』

『クロージングまでのステップ』
という内容を次回のセミナー
でお伝えしたします。
あなたとお会いできるのを

とても楽しみにしています。

 

 

岡崎哲也

 

 

次回、4回目セミナーのご案内
10月30日(土)
■起業家メンタリティーとセルフイメージを強化するビジネス加速セミナー