営業・マーケティングの高い視点。メンタルトレーニング


CIMG7741 - コピー

あなたは営業・マーケティングの

視点をどのように高めていかれてますか?

 

先日、全国で活躍されている

一番化戦略コンサルタントの高田稔さんと

表参道でランチしていた時のことです。

 

高田さんは「小さなことでいいから、

まずは一番になりなさい」などの著書

を出版されている元アメリカン・エキ

スプレスのトップセールス。

 

マーケティングはセールスを不要に

するとも言われ、営業にも非常に

重要な役割を持っていますよね。

 

そのマーケティングでさらに重要に

なってくるのが視点と言われています。

 

同じモノでも見る角度を変える

とアイデアがたくさん出てくる。

言い換えれば、切り口を変える

とも言えますよね。

 

たとえば、同じ商品でも切り口を

変える事で魅力がアップしたり、

対象となっているお客さんの

ニーズにマッチする事があります。

 

分かりやすい事例として以前、

レナウンが抗菌靴下「フレッシュ・

ライフ」を発売したところ、初年度

の売上げ2億円、年間1億円程度

にとどまり、市場の反応もあまり

ありませんでした。

 

そこで同じ商品を「通勤快足」

にネーミングを変えたところ、

最高売上げ27億円となり、

市場にブームの火をつけて

業界各社が参入するまでに

なったそうです。

 

その他、ミネラルウォーター市場

では後発組となった日本コカ・コーラ。
握るとクシャクシャに潰れるペット
ボトルは、飲んだ後の地球の事を
考えたことで「エコロジー」の1点
集中でアピールすることを決め、
発売されたのが「い・ろ・は・す」で、

わずか3年半で販売数20億本の

ヒット商品となったそうです。

これらは、視点を変えたり、コンセプト
とアピールポイントを1点に絞った
ことで価値を高めることに成功した
事例です。
この視点を変える、切り口を変える
という事はマーケティングには非常
に重要ですね。

 

そしてさらに重要となってくるのが、

もの事を高い視点で見ることです。

 

虫の目、鳥の目とも言われたり、

木を見て森を見ずなどとも言われ

たりしますが、全体像を俯瞰して

見る事や、

 

時間軸を10年後、50年後、100年後、

1000年後と広げてみるのも大きな

気づきにつながったりしますよね。

 

高田さんによれば、高い視点を

持つための、普遍的なセオリー、

原理原則、モノの見方、考え方、

事例などをクライアントには徹底的

身に付けてもらうそうです。

 

そして今までの商品や事業をいくつか

のリサーチやお客様へのヒアリング

する事で、別のものになり、いきなり

売れ始める事もあるそうです。

 

それが高田さんが全国に呼ばれて

いる理由なんですね。

 

ところで以前、知り合いから聞いた

話しですが、ある問題をその方の

知り合いの大手企業の元経営者の

方に相談に行ったら、月から地球を

見てみたらその問題はどのように

見えるか?を想像してごらんなさい、

と言われたそうです。

 

これも高い視点から見るという事ですね。

 

以前、私も高い視点の件で、こんな

体験をしたことがあります。

 

それは友人7人で100人の講演会

を企画した時のことでした。

 

宜しかったらこちらをご覧になって

頂けますか?

◆マインドセット

 

ところであなたが今までに経験した

「わー、それ、すごいな~」

というような営業・マーケティングの

高い視点はどんな事がありますか?

 

よかったら教えてくださいね。

 

 

セルフイメージコンサルタント

岡崎哲也

 

 

■メンタルと営業を強化してビジネス加速する

メール講座(全10回・無料)

メルマガボタン