メンタルブロック、セクシーであってはいけない


今回のメンタルブロックは
【セクシーであってはいけない】
についてご紹介します。
■24個のメンタルブロックとは?

 


【主訴】
(しゅそ)・・・・・主な訴え

 

・セックスをしたくない。嫌悪感を感じる

 

・セックスをすると咳がでる。涙がでる

 

・セックスが怖い

 

・セックスが悪いことのように感じる。

罪悪感

 

・セックスを楽しめない

 

・セックスをしてあげている感じがする

(自分が楽しめないので、相手が体目的

のように感じてしまう)

 

・不感症

 

・セクシーな女性に対して嫌悪感を感じる。腹が立つ

 

・服を選ぶときにイヤラシク見えないかどうかが気になる

 

・下ネタを異常に嫌う

 

・過剰にセクシーな服を着る

 

・セックスについて無関心、無頓着、無防備

(たとえば、避妊しない。自分が女性として

性的な対象として見られている意識がなく、

誘われたらすぐについて行く)

 

・性的な事について自分は関係ないと

思っていて、まったく理解しようとしない
【インプリンティングの場面】・・・・・メンタルブロックが作られた場面

 

・自分の身体的な成長を親が嫌がった

 

・成長してセクシーになっていく

娘に対して父親が恐れを持ち、

娘は「セクシーになると父親から

愛してもらえなくなる」と思い込んだ

 

・家の中で性的な話題はタブーだった

 

・親の性的ないやらしい言葉や態度に嫌悪感を感じた

 

・性的虐待、レイプを受けたことがある

 

 

※これらインプリンティングの場面は

参考であって、必ずしもこういった場面で

セクシーであってはいけない】のメンタルブロック

を持つわけではありません。

すべては、その本人がどうとらえたかに

関わってきます。

■24個のメンタルブロックとは?