メンタルブロック 経営者の悩み


 

メンタルブロック 経営者の悩み

 

「最近の若い社員は、言われた

事しかしなくて、それ以上の事を

自分で工夫してやるという事が

ない。どうしたらいいのだろうか?」

 

最近、よく経営者の方からこんな

ご相談を受けるのですが、実は

これは、「考えてはいけない」

というメンタルブロックになります。

 

これは、親が過保護に育てて

しまい、子供の無邪気で自由な発想

を禁止して奪った事などが考え

られます。

 

例えば、「あれしちゃダメ、これしちゃ

ダメ、○○ちゃんは言われた事だけ

してたらいいのよ」みたいな感じで。

 

又は親が、あまり考えない人だった

事などもあります。

 

メンタルブロックの概要は、こちら。

 

ところで私が行っているセッション

では、本人の「変わりたい!」という

心のエネルギーを利用します。

 

その為、本人の気付きが最も重要と

なってきます。

 

会社や親などから連れて来られても、

本人に変わりたい気持ちが無かったら、

セッションの効果が出ません。

 

自分と向き合う事ができないからです。

 

なので、今のままだと、人生が

どのようになっていくのか、いつまでも

親が面倒を見てくれる訳ではないので、

自分自身で社会に適応できる能力が

必要だと、まずは気付いてもらう必要

があります。

 

そのため、

●指示してくれないと何をしていいか

分からない。

 

●自分の頭で考えることができない

 

●子供のままでいたい

という思い込み、メンタルブロック

を外します。

 

そうすることによって、

人から指示されなくても、自分で

考えることができるようになります。

子供の甘えから自立し、成長して

いくことができます。

 

これは、40代以下の人には、比較的に

多い傾向があります。

 

なぜなら、日本が経済成長し、成熟期

に育ったからだと言えます。

 

2代目経営者で、この思い込み、

メンタルブロックを持っていて

ご相談に来られる方もいますよ。

 

もし気になる点がありましたら、

ご相談ください。

 

 

セルフイメージコンサルタント

岡崎哲也

 

■メンタルトレーニンで営業力強化

メール講座(全10回・無料)

メルマガボタン