メンタルブロック解除、疑い深い社長


13615174 - コピー

【メンタルブロック解除、疑い深い社長】

 

あなたは、世の中は安全だと感じて

いますか?

 

それとも危険だと感じていますか?

 

その感じ方によって心の余裕が

全く変わってきますよね。

 

50代、製造業の社長(社員60人

ほど)で12回、1年コースの

クライアントAさんの事例を許可を

得てシェアさせて頂きます。

 

最初の数回で、それまでの悩みを

扱って解消できたけど、まだ心の

奥に何か塊のようなものが引っか

かっている感じがすると言うのです。

 

「それは何だと思いますか?」

 

と尋ねると、Aさんから

こんな返事がありました。

 

「疑いの気持ちが強いです。

 

私は石橋を叩いて渡るんじゃなくて、

石橋を叩き壊してしまうタイプなんです。」

 

そして具体的な仕事の場面を教えて

くれました。

 

「例えば、会社の庭の草むしりを

している時、ゴミ捨てにきた社員が、

回収車のゴミ粉砕ローラーに手が

巻き込まれるんじゃないかと心配で

 

ほうきを片手に仁王立ちになって

見張ってるんです。

 

もしもの事があったら取り返しが

つきませんから」

 

 

「他にも安全管理の担当者がいると

思うのですが、いつもそんな感じ

なんですか?」

 

と尋ねると、そうだといいます。

 

一瞬、Aさんがきつそうな表情を

されました。

 

確かに経営にはリスク管理が必要です。

 

ですが、いつもそんなにリスクばかり、

気を張り詰めているときついですよね。

 

 

そして疑う気持ちが強過ぎると

メンタルブロック解除コンサルの効果

にも影響するので、この疑う気持ちを

扱うのを提案すると了承してくれ

ました。

 

そこで、もしもの事があったら取り返し

がつかないと不安を感じながら、

仁王立ちしている時、どんな気持ちか

聞いてみました。

 

 

「社員に万が一の事があっては

いけない。事故が起きてはいけない。

 

そう考えると不安と恐怖で心臓が

バクバクします。」

 

 

その社員に、万が一の事があっては

いけない、事故が起きてはいけない

と感じて、

 

不安と恐怖で心臓がバクバクしている

時の感覚を、たどって出てきたのは、

予想外の場面でした。

 

「小学2年の夏、お父さんから足が

つかない深いプールに投げ込まれた

んです。

 

理由は、お兄ちゃんが同じように

されて泳げるようになったから」

 

「・・・そうか・・・」

 

2人に緊張感が漂う。

 

 

「ちょっと怖いけど、ほんのちょっと

だけ思い出してみてもらえますか?

僕が絶対に守るから。

 

そう伝えると、不安そうにこちらを

見るAさんに、「大丈夫」と力強く

目で合図した。

 

 

Aさんの決心が固まると、

「ハッ!ハッ!ハッ!」

 

 

Aさんは立って犬かきのように手、

足をバタつかせて苦しそうな表情に

一変。

 

その瞬間、私は、プールに飛び込んで

Aさんが水面から顔を出せるように、

私の肩につかまってもらった。

 

「ゲホッ!ゲホッ!ゲホッ!」

 

飲み込んだ水を吐き出しながら唇が

紫色に変わり、ガタガタ震えている

Aさん。

 

「大丈夫だよ、水のない安全なところ

に行こう」

 

そう伝えながら、Aさんに肩に

つかまってもらいながら、ゆっくり

部屋の端まで歩き、椅子に座って

もらいました。

 

時間をかけながら、ゆっくり安心

させてあげると、Aさんは段々と

落ち着きを取り戻し、語り始めて

くれました。

 

 

「水の中で苦しくて、死ぬ思いを

してた時、お父さんとお兄ちゃんは、

僕を見て笑っていた。

 

助けてくれなかった。

 

お父さんもお兄ちゃんも信じられない!」

 

この時、Aさんは、この世界は危険で

人は信用できないというメンタルブロック

ができたのでした。

 

 

そこで、世の中や人に対して安心感

を感じるような新たな思い込みを

心の中に書き換えました。

 

【メンタルブロック解除】

 

 

「今までずっと疑い深く、得体の

しれない不安と恐怖があったのは、

これが原因だったのかー!」

 

完全に忘れていた、思い出したくない

出来事に、Aさんは、驚きの声を

あげていました。

 

 

その後、Aさんの疑い深い性格は、

軽くなり、

 

社員に、万が一の事があっては

いけない、事故が起きてはいけない

と感じて、不安と恐怖で心臓が

バクバクする感覚は無くなった

そうです。

 

Aさんは、忘れていただけで、

小学2年生の時、お父さんから

プールに投げ込まれて、溺れそうに

なっている怖い感覚が、50歳を

過ぎても、心の底(無意識の中)で、

ずっと続いていたんですね。

 

それが大人になっても、様々な場面

で、影響していたのでした。

 

あなたはどう思いますか?

 

世の中は、危険で人は信用できない

と思い、不安と恐れでリスクを

感じ続けて防ぐのと、

 

世の中は、安心安全で人は信用

できる、でもリスクもあるから

それは事前に発見して未然に防ごう

と思うのとでは、どちらの方が、

幹部や社員さん、取引先に

リーダーシップを発揮し、経営の

効果を出せるでしょうか?

 

 

そこでもし、なぜだか分からない

けど、自分の変な性格、心のクセ、

強いこだわり、繰り返すパターン

があるようでしたら、

 

「今、私は何を感じて、この反応を

しているのだろう?」と自問自答

してみると何かヒントが見えてくる

かもしれません。

 

あなたが制限となる思い込みを解決

し、さらにお仕事でパフォーマンス

発揮されますように!

 

 

PS.たまに、私のセミナーの公開

セッションを見たり、私から

セッションを受けたコーチ、

カウンセラー、セラピストが、

 

岡崎さんのセッションの見よう

見まねで、人にセッションして

みたら、上手くいきました、とか、

上手くいきませんでした。こういう

場合、どうすれば良かったんですか?

とか言われる方がいます。

 

私のセッションのやり方は、

注意点がたくさんあり、訓練を

積んでいないと、クライアントさんの

トラウマ、恐怖心、メンタルブロック

を強化する危険性があるので、絶対に

真似しないでください。

 

 

 

 

セルフイメージコンサルタント

岡崎哲也

 

 

■メンタルと営業力強化でビジネス加速する

メール講座(全10回・無料)

メルマガボタン