最愛の娘がメンタルブロックで・・


涙

以前、何度も私のメンタルブロック

解放セミナーに参加してくださった

60代ぐらいの男性Aさんがいました。

 

そのAさんは、落ち着いた雰囲気で、

話すと、経験豊かで教養があること

を感じさせる方で、企業の顧問を

されているとのこと。

 

そのAさんから、2年以上前に、

私の娘をみてもらえないでしょうか、

と相談されたんですね。

 

Aさんに連れて来られた20代の

娘さんは、うつむき気味で、

とても苦しそうに見えました。

 

今までアルバイトを数か所して、

上司や先輩と衝突し、数か月と

たたずに辞めてしまう。

 

どの職場でも、人がいじめてきて、

それは職場だけでなく、電車の

中や、カフェなどでも、

 

常に自分の悪口を言われている

気がすると言うのです。

 

いじめられたくないので、

自分の意見や気持ちを我慢しない

といけないから、言えない。

 

いじめのターゲットとして目を

付けられたくないから、存在感

を消さないといけない。

 

すると呼吸も浅くなり、息が

苦しい。

 

寝ている時も、呼吸が浅いため

息苦しく、時々、悪夢にうなされる。

 

そして職場で、理不尽なことに

我慢の限界を超えて怒りが爆発し

人と衝突するそうなのです。

 

理由として、自己否定や自責が強く、

中学ぐらいに、いじめを受けたこと、

 

それと既に亡くなられているお母様

から厳しく育てられたことをお聞き

しました。

 

それまで、様々な専門家のところへ

行ったけど、効果が無かったそうです。

 

その娘さんを約半年間、セッション

させて頂きました。

 

娘さんが会社員となって2年以上が

経ち、お父様のAさんから喜びの声を

頂きましたので、ご紹介させて頂きます。

 

60代 男性 企業顧問

(娘さんのご相談)

==================

●娘の状況については、お陰様で、

岡崎さんの人並外れた人間力と

言いますか、能力と人柄により、

 

最初に娘にセッションをお願いした

2年以上前の状況と比べると比較に

ならないほどの改善があります。

 

以前は、勤務時間中のランチでは、

近くに座っているほかの客の視線

やウエイターの視線にとどまらず、

陰口を言われている、

 

とても外食はできない、その

ようなことがありました。

 

通勤の電車では、車内は混んで

なくても、周囲の人が悪口を

言っているという訴えもあり

ました。

 

今は、セッションから数年たち

ますが、以前のような

「恨み・辛み・不満」の訴えは

無くなりました。

 

娘は、結果的には母親に似ていて、

独立心が人一倍強く、常識的に

おかしいという他人の言動を許す

ことができません。

 

同時に、自分の言動についても

同じように厳しい見方をして

います。

 

だから、自分に厳しくあたり、

責めるということがあり、他人

にも許せないという価値観が

強くありました。

 

ですが、ここ2年ほどの正社員

としての勤務で、それまでの

バイト生活とは異なり、

 

世の中の様々な人々の生き様を

体験し、そういうものなのだと

いうような慣れが身について

きたようです。

 

●岡崎さんと私は、数多くのメール

のやりとりを行い、多くの貴重な

アドヴァイスをいただきました。

 

中でも、私と亡き妻に対する

思い入れに関するものは、大きな

衝撃を受けました。

 

娘は幼い頃から、妻から厳しい躾

と勉強指導を受けていました。

 

私は、娘に対しては、

『酷いお母さんだったね、

辛かったね』という考え方で、

母親のことが話題に上がると、

そのように娘と接していました。

 

しかし、亡き妻、娘の母親のこと

を責める、否定するということは、

同時に、娘の存在意義をも否定する

ことにつながること。

 

そして、父親である私が亡き妻の

ことで、娘のしつけや教育に

関して、自分も同罪のように

責めている事実がありました。

 

これは娘にしてみれば、

『父親を辛い思いにさせているのは

自分の責任なの』という解釈がある

ということでした。

 

これには、本当に驚きました。

 

岡崎さんからのこの実に貴重な

アドヴァイスをいただいて、

即座に考えを改め、娘との機会

がある時は、言い方を変えました。

 

私自身も、今は無用なストレスが

無くなりました。

 

おそらく、この父親の心の変化が、

娘の在り様について、大きな良い

影響を与えている、そう思えて

なりません。

 

ありがとうございました。

 

==================

 

一番最初に娘さんをセッション

をした時、

 

彼女は「世の中は全て自分を攻撃

してくる敵」という思い込み、

メンタルブロックが強くあり

ました。

 

当然、それはセッションをする

私にも向けられます。

 

なので、最初のセッションでは

「私は敵ではないよ。攻撃しないよ」

という安心感を感じてもらうと

ころから始まりました。

 

ですが、

「信用できない、信用できない」

と大粒の涙をポロポロ流して

いたんですね。

 

それまで、いろんな専門家のところ

に行き、効果が無く、時には、

傷付くことがあったようで、心を

閉ざすのは無理もありません。

 

そして、ようやく私(岡崎)は

敵ではないと分かってくれた

のでした。

 

その彼女が、毎回のセッションで

つらい原因となっていた思い込み、

メンタルブロックを外していくこと

で、効果が見られ、

 

その後、2年以上、社員として

勤務されて元気にされていること

を聞き、本当に嬉しく感じています。

 

 

以前から、時々、経営者や自営業者

さんなどから、自分の子供を

みてもらえないでしょうか、と

ご相談されることがあります。

 

過去のご相談の中には、

しっくりうまくいかなかった

ケースもありました。

 

それは、子供さん自身は、セッション

で効果が出ているのに、ご両親の

子供さんへの関わり方が変わらない

ために、停滞することがあったから

です。

 

なので、子供さんのご相談の場合は、

子供さん本人だけでなく、ご両親

にも子供さんへの関わり方を変えて

頂く必要があるんですね。

 

今回のAさんは、それを理解して

くださり、娘さんのために自分を

変えて頂けました。

 

私もAさんの最愛の娘さんの人生

とご家族のお役に立てて嬉しいです。

 

この内容が、あなたの大切な子供さん

との関わり方の参考になれば幸いです。

 

 

(注:ご本人が問題意識を持って

メンタルブロック解放セッションを

受けたいと思って来られた場合は、

ご両親の変化の協力が無くても大丈夫です)

 

 

 

セルフイメージコンサルタント

岡崎哲也

 

 

 

■メンタルトレーニングと営業を

強化してビジネス加速する

メール講座(全10回・無料)

メルマガボタン