骨太経営


骨太経営


戦後、何も無い焼け野原から現在のような

近代国家を作った経営者には、とても

ユニークな経営者が多かったようです。

ところで骨太経営とは、いったい

どういったものでしょうか?

 

かつて本田技研で、こんなエピソード

があったと言われています。

 

ある時、社員が東京から新潟へ行く

出張がありました。

 

ですが大雪の為、列車も道路も不通と

なり、行けなくなりました。

 

その社員は、当時社長だった

本田宗一郎にしぶしぶその事を

報告しました。

 

すると本田宗一郎は、

「なにい! だったらなぜヘリかセスナ

でもチャーターしてパラシュートで

飛び降りないんだ!! 」

と怒鳴ったそうです。

 

私は、これを知った時、身体中の

血が騒ぎました。

「かー、シビれるな~」(笑)

 

戦後の成長期にはこんな気合いと

根性の入った骨太経営が重視されて

いたんですね。

ところが今は、段取り8割、

しっかりと状況分析して充分に

事前準備してから行動すると

いうように知的経営の時代へと

移行しているように思います。

 

もちろんそれはそれで正しいと

思います。

 

ですが、それに伴いチャレンジ精神

よりも、準備不足の減点に重きを

置く事で、果敢に挑戦する人が減って

きているのではないでしょうか。

 

ちなみにあなたの周りに、そんな

骨太経営をされている方は

いらっしゃいませんか?

 

もし戦後の『ゼロから作り出して

物事を推し進めるパワー』と現在の

『先見力とリスク管理のできる知的さ』

の両方を兼ね備える事ができたら、

鬼に金棒ですよね。

 

そういった人達の発想に触れると、

時として突拍子もなくてビックリしますが、

とても嬉しくなりますね。

 
メンタルトレーニングで営業を強化 岡崎哲也

 

 

 

 

セルフイメージコンサルタント

岡崎哲也

 

 

 

■メンタルトレーニンで営業力強化

メール講座(全10回・無料)

メルマガボタン