メンタルブロック、大切にされたい、認めて欲しい


今回のメンタルブロックは
【重要な存在であってはいけない。

(何かができる自分には価値があるが、)

ありのままの自分には価値がない 】


についてご紹介します。

これが通常言われている

【セルフイメージが低い】と

いうものです。

 

メンタルブロックの中で1番多く、

多くの人がこのメンタルブロックで

悩まれています。

■24個のメンタルブロックとは?

 



【主訴】
(しゅそ)

主な訴え

 

・人からの評価、人からどう思われ

るかが気になる

・自信がない

・自分は人よりも劣っていると感じる

・ちょっとした事でも、すぐに

「私はダメ」と落ち込んでしまう

 

・やる前から「自分はできない」と

思ってしまう

・上司やリーダーなどの責任ある

立場を任されると緊張し、本来の

力を発揮できない

 

・人前で緊張する

・常に失敗を恐れている

・人の意見に流される。言いたい事が言えない。

 

・常に自分が人から必要とされる

ことを必要としている

・人からの批判、叱責に過剰反応する

(不機嫌になる、落ち込む、攻撃で返す)

 

・自分の間違いを素直に認められない

・言い訳が多い

・プライドが異常に高い

・自分のすごさをアピールする

 

・認められるために過剰に頑張って

成果を出す(だけど心の中では

認められてないので虚しい)

 

・自分を他人と比較して、過剰に

勝ち負けにこだわる

・「ありがとう」や「ごめんなさい」

が言えない

・人にほめられても素直に受け取れない

 

・自分のためにお金を使えない

・自分のことが好きになれない

・いつも罪悪感を感じている

 

・承認欲求が強い

・人を攻撃したり、引き下げて

自分の立場を上げようとする

 
【インプリンティングの場面】

メンタルブロックが作られた場面

 

・テストやスポーツなど、何かが

できたときだけほめてもらえた

・親が自分以外の他の兄弟、姉妹だけ

を可愛いがった

 

・親が自分の話しを聞いてくれなかった

・「お前にそんな難しいことができる

わけがない」等と言われ、親から否定

ばかりされていた

 

・「何もできない人間には価値がない」

と言われて親から育てられた

・「もっと人のことを考えろ」と親から

言われてばかりいた

 

・いつも上から抑えつけられていて、

自己主張を許されなかった

・自己重要感の低い両親を見て育った

 

・親から関心を持たれなかった

・親にかまってもらえなかった

・親に気持ちを分かってもらえなかった

・親が厳しく、否定ばかりされた

 

 

強弱はありますが、多くの方がこの

メンタルブロックを持っています。

 

なので全然恥ずかしいものでは

ありません。

もし気になるようでしたら、ご相談

ください。

 

※これらインプリンティングの場面は

参考であって、必ずしもこういった場面で

重要な存在であってはいけない。

(何かができる自分には価値があるが、)

ありのままの自分には価値がない

メンタルブロックを持つわけでは

ありません。

全ては、その本人が子供の時、

どうとらえたかによって変わってきます。

■24個のメンタルブロックとは?