メンタルブロックは気付かない


Fotolia_45638246_XS

メンタルブロックは気付かない

 

あなたは、今まで本や教材、セミナー

など、いろいろ試してみたけど、

メンタルブロックが外れなかった

ことはありませんか?

 

実は、メンタルブロックが外れない

大きな原因は、自分では気付いてない

からなんです。

 

 

数ヶ月前、知人の出版プロデューサー

から、こんなメッセージをもらいました。

 

「あるセミナーで30代のやり手

経営者と出会って、よかったら紹介

したいので、お茶でもどうですか?」

 

 

出版プロデューサーとは、出版したい

人に、本の企画の相談にのったり、

企画を出版社につないだり、出版

をサポートする職業です。

 

 

その出版プロデューサーは、7~8年

前に、私のセミナーに参加後、

ご無沙汰していましたが、お茶する

ことにしました。

 

 

カフェで、30代の経営者と出版

プロデューサーと私の3人で、挨拶や

自己紹介などが終わると、

 

その経営者が、自分のカバンから

ノートとペンを取り出して、さらさら

と何かを書き始めたんですね。

 

そして、

「ビジネスを成功させるためには、

4つの働き方、

 

「E(従業員)」

「S(自営業者)」

「B(ビジネスオーナー)」

「I(投資家)」

があります。

 

金持ち父さん貧乏父さんの4つの

クワドラント(区分)を活用

しながら、マーケティングファネル

に落とし込んでいくんですよ。

 

そして人は、頭ではいいと分かって

いても、行動できないことがあります。

 

それは心理的な障害があり、その原因

となっている『とらえ方』を変えて

行動することが重要なんです!」

 

と熱く語ってくれました。

 

 

話の途中、

「あれ、もしかして講義してる?」

 

と思いましたが、結局は、ある

自己啓発セミナーの勧誘だった

んですね。

 

 

その30代経営者と出版プロデューサー

は、1年前ぐらいから、月1回ほど、

その自己啓発セミナーに参加している

とのこと。

 

そしてその経営者は、そのセミナーで

成果を出したので、説明会の講師を

任されたと言うのです。

 

「ちなみに、それは何という

自己啓発セミナーですか?」

 

と聞くと、たまに耳にするセミナー

だったので、このようにお伝え

しました。

 

「私もビジネスメンタルトレーナー

として、メンタルブロックを外す

専門家なので、同じようなことを

しています。

 

そこで私のところにくるクライアント

さんに、今までどんなセミナーに参加

して、メンタルブロックが外れなかった

のですか?と聞くと、

 

いくつか出てくる中に、こちらの

自己啓発セミナーの名前も時々、

お聞きすることがあります。

 

おそらく、そのセミナーで

メンタルブロックが外れなかった

人が私のところに来ているのだと

思います」

 

すると、2人は「え?!」

という表情になったんですね。

 

 

そして出版プロデューサーは、

ちょっと照れ恥ずかしそうに、こんな

ことを話し始めたのです。

 

「いやー、実は、私、年間、様々な

イベントや会をやってて、人と

知り合う人数や動員数は多いんです。

 

だけど本業の出版プロデュース業の

セールスができなくて、動員数と

成約数を見ると、非常に低い成約率

なんですよね。

 

それで、そのセミナーに参加し始めて・・」

 

 

そこで私が、

「なぜセールスできないんですか?」

と聞いてみると、

 

「私の出版プロデュースは、数百万

と安くない金額なんです。

 

でも、お客さんから、お金、労力、

時間をかけた割に、本業に思ったほど

つながらない時には、

 

クレームがきたり、ガッカリしている

のを見ると、私の方が落ち込んで

しまうんですね。

 

だからセールスできないんですよ」

と。

 

 

それを聞いた30代の経営者は、

すかさず、

 

「だから、何度も言ってるじゃない

ですか。

 

その『とらえ方』を変えて、バンバン

セールスすればいいんですよ!

行動あるのみです!」

と言ったのです。

 

 

あなたは、このやり取りを

どう感じますか?

 

なぜこれを聞くかと言うと、

既に答えが出ているからです。

 

 

私は、思わず、笑って言って

しまいました。

 

「このやりとりを1年間、セミナーで

続けているから、悩み続けているんです

よ。

 

今の状態で、『とらえ方』を変えて、

バンバンセールスしたら、クレーム

が増えるだけじゃないですか。

 

なので、出版したら、上手くいきやすい

のはどんな業種か、既に本を出せる経験

やノウハウがあるレベルか、収益モデル

を構築できるのか、

 

それらを、今までの出版プロデュース

の経験から基準を作ることが先決です。

 

その基準に合った人のみ、セールス

すれば、出版プロデュースを契約して

クレームやガッカリするお客さんを

大幅に減らせますよね。

 

それでもセールスできなかったら、

メンタルブロックを解除する必要が

あります(笑)」

 

 

すると2人は、「ガーン!」という

表情をして、

 

出版プロデューサーは、

「今、コンサルを受けた感じが

します」と言ってました。

 

その後、私はちょっと思い出して、

 

「そういえば、◯◯さん

(出版プロデューサー)とは7年ぶり

ぐらいですけど、以前も同じような、

セールスがうまくできないと言って

ましたよ」

 

と伝えてあげました。

 

本人は、「あれ、そうでしたっけ?

あはは、忘れてますね(汗)」

とのことでした。

 

 

その出版プロデューサーは、セールス

ができない悩みを、7年以上、お金と

時間と労力をかけてセミナーに通い

続けて持ち続けていたんですね。

 

でもこれは、その出版プロデューサー

に限ったことではありません。

 

私のところに来られる人の多くも

よく自分のことが見えてないことが

あります。

 

なぜなら人は、他人のことは

よく見えるけど、自分のことは

よく見えないことがあるから

なんですね。

 

 

ところでコロナ自粛の期間、あなたは、

どう過ごされていましたか?

 

コロナ後、私たちは、仕事でさらに

能力アップが必要になると思います。

 

あなたの心がさらに自由となり、

本来の自分のパワーを取り戻して

発揮していくことを願っています。

 

 

セルフイメージコンサルタント

岡崎哲也

 

 

 

■メンタルトレーニングと営業を

強化してビジネス加速する

メール講座(全10回・無料)

メルマガボタン