変わりたくないメンタルブロック


変わりたくないメンタルブロック

 

「悩みは解決したいんだけど、

何となく変わりたくない感じが

するんです・・・」

 

以前、私のメンタルトレーニングの

コンサルティングを受けていた

自営業者さんが、そんなことを

言っていたんですね。

 

このようにハッキリ言う人もいれば、

ハッキリ言わなくても、そんな雰囲気

や態度の人が複数いました。

 

これは、どういう意味なのでしょうか?

 

その自営業者Aさんは、60代で音楽

関係の仕事をしていて、人から相談

されることが多かったそうです。

 

コロナになり、新しくコーチング商品

を作りたいと私のコンサルティングの

6回コースを申し込まれたんですね。

 

最初、Aさんは忙しくてなかなか商品

作りが進みませんでしたが、時間を

かけてようやく出来上がりました。

 

すると、

「チラシを自分で作るのはちょっと・・・

 

昔は、周りの人が何でもやってくれた

のに・・・」と言い始めたのです。

 

「どういう意味ですか?」

と私が尋ねると、

 

「何ていうか、子供の頃、お手伝い

さんがいて、自分ができないことは、

何でもやってくれてたので面倒な

ことはやりたくないし、ライフ

スタイルも変えたくないです」

と言ったのです。

 

そして、

「あれ、何でそんなことを言ってる

んだろう?そりゃ進むワケないです

よね」と、自分が思わず口にした

言葉に、自分自身がビックリして

いました。

 

 

また以前、製造業50代経営者で

メンタルトレーニング12回コース

を申し込まれた方がいました。

 

元々その経営者さんは、会社の幹部

や社員にイライラして怒鳴ってしまい、

会社の雰囲気が良くないので、その

悩みを解決したいとのことでした。

 

その方のセッションを1回、2回と

進めていくと、効果は感じるけど、

まだイライラ怒りがあるとのこと。

 

そしてセッション時、その方から

弱い自分を見たくない、向き合い

たくない、というような雰囲気を

感じたんですね。

 

そこでまず先に、弱い自分はダメ

だ、弱い自分を見たくない、

向き合いたくないという気持ちを

解消しないと、問題の核心と

向き合えない可能性があるので、

 

本人と相談して、先に、そちらを

解放しました。

 

すると、こんなことを語ってくれた

のです。

 

「子供の時、事故で兄弟を失い、

周りの人たちから可哀そうにと、

あわれみの眼差しで見られて

いました。

 

それから数十年経ち、既に自分の

中では過去の事だと心の整理が

ついていたと思っていました。

 

ですが、心の深い部分では、まだ

自分ではどうすることもできない

やり場のない怒りと悲しみが

あります」

 

そのため、それらの気持ちを解放

することで、イライラの根源と

なっていた怒りや悲しみが解消

され、会社の雰囲気も改善して

いきました。

 

 

また、それまでスムーズに問題

解決に向けてセッションが進んで

いたクライアントさんが、急に、

全然関係ない話題に変えようと

したり、

 

問題の核心に近づくと、急に眠気

に襲われて、五感をシャットダウン

して会話ができなくなることが

あったりします。

 

このように本人の意識では、悩み

や問題を解決したいと言って

セッションを受けているのに、

 

そんな自分を見たくない、向き合い

たくない、変わりたくないと心の

深い部分の無意識や潜在意識が抵抗

するケースも多く経験してきました。

 

私は、これを

【変わりたくないメンタルブロック】

または、

 

【メンタルブロックのメンタルブロック】

と呼んでいます。

 

これらが強くあると、解決の足を

引っ張るだけでなく、そもそも問題

を見えなくさせることがあるんですね。

 

今まで下記の記事で、何度か

メンタルブロックには4つの深さが

あることをお伝えしてきました。

 

◆なぜ簡単にメンタルブロックが

外れないのか?

https://mentalt.jp/mentalblock-10

 

そのレベル4(個人セッションの

レベル)の中で、効果が出にくく、

回数がかかるケースから、見えて

きた重要な内容をご紹介します。

 

 

◆ホメオスタシス(恒常性)

 

動物が体温や血圧など、生命維持

環境を一定に保ち続けようとする

生体恒常性。

 

そのホメオスタシスの中に、

【心理的ホメオスタシス】があります。

 

人は、未知なものや未体験のものに

怖い気持ちを感じることがあります。

 

そのため、変化すると、どうなるのか

分からないので怖いという気持ちが、

変化を避け、現状維持しようとする

心理作用となっています。

 

 

1859年頃、生理学者クロード・

ベルナールは、生体の内部環境は

組織液の循環等の要因によって

外部から独立していると提唱。

 

これを1920年代後半から30年代

前半頃に、生理学者ウォルター・B・

キャノンが「ホメオスタシス」

と命名した。(Wikipediaより)

 

 

ホメオスタシスは、誰でもありますが、

これが強過ぎると、変化を好まず、

現状維持する傾向にあります。

 

 

下記、自分の信念・価値観は、基本的

に15歳以下、特に5~7歳ぐらい

までに、できあがることが多く、

その切っ掛けを忘れている場合が

ほとんどです。

 

 

◆親が変化を好まず安定志向だった

場合、また子供の時、裕福で過保護

だった場合、そして子供の時、特有

の体験によって、変化を好まず安定

志向が強くなる場合があります。

 

◆自分は変わらない(あきらめ)

 

今までいろいろやってきたけど、

変わらなかったので、何をやっても

変わらないとあきらめている。

 

また、人生をあきらめている場合も

あります。

 

◆弱い自分、できない自分、悪い

自分を見せたくない

 

・弱くて、できない自分はダメだ、

情けない。惨めだ。そんな自分を

見せたくない。

 

・弱くて、できない悪い自分は怒ら

れる(攻撃される)から、見つから

ないように隠れなければいけない。

 

これらは、人にも自分にも、見せたく

ない、見たくない、隠れないといけ

ないという心理が働きます。

 

◆罪悪感

 

・子供の時、ケンカで相手にケガを

させてしまった。そのため親から、

ひどく怒られて、悲しませてしまった。

 

・子供の時、親が大事にしていたモノ

を壊したり、無くしてしまい、

怒られて、悲しませてしまった。

 

・子供の時、親が自分を、弱い、

できない、悪い、ダメだと怒るから、

私も同じように自分を怒ります。

(責めて攻撃している。そのことで

さらに自分が傷ついている)

 

◆人は信じられない

 

親が人を信じない人だった。

また、親が親戚と揉めていたり、

人から騙されて、人は信じられない

と言っていた。

 

あるいは、親・兄弟などから騙された、

裏切られたと思い込む出来事があった。

 

なので、セッションをするあなた

(岡崎)も信じられない。

 

似たものとして、「世界はみんな敵」

というものがあります。

 

◆親が苦労していたので、自分も苦労

します。自分だけ幸せになりません。

(親や家族が病気の場合も同様)

 

◆親に謝らせるために、自分で自分

を苦しめます。

 

自分が苦しんでいたら、いつか親が

謝ってくれて自分が望むように

愛してくれると思い込んでいること

があります。

 

◆利得

 

悩みとなっている行動や反応パターン

を持ち続けるメリット(利得)が強い

と、なかなか手放せない。

 

・社会に受け入れられるために、

言いたいことを言うことを我慢します。

自由に行動することを我慢します。

 

・いじめ、誹謗中傷、攻撃、否定など

から自分を守るために、イライラして

怒りでキレます。

 

など。

 

◆自分には、家系の黒い血が流れている

(だから苦労している)

 

似たものとして、先祖が何か悪いこと

をして恨まれているから、自分は苦労

している

(先祖の因縁と思い込んでいる)

 

などなど、これらはほんの一部です。

 

このように、変わりたいと言って

セッションを受けているのに、

 

見たくない、向き合いたくない、

変わりたくない、変われないという

というような思い込みが無意識、

潜在意識に強くあると、効果が

出にくい傾向にあります。

 

なので、もしこれらのメンタルブロック

を発見した時は、先に解放するように

しています。

 

そうすることで、効果が出てきやすく

なってきます。

 

ところで、これら

【変わりたくないメンタルブロック】

【メンタルブロックのメンタルブロック】

に、何かピンとくるものがありましたか?

 

これらは、無意識、潜在意識にあること

が多いので、自分では気付けないことも

あるかもしれません。

 

ですが、もしあなたが、なかなか解決

できない問題、お悩みがありましたら、

これらがないか参考にしてみてくださいね。

 

セルフイメージコンサルタント

岡崎哲也

 

■メンタルトレーニンで営業力強化

メール講座(全10回・無料)

メルマガボタン