お金のメンターに学ぶ(メンタルブロック)


お金のメンターに学ぶ(メンタルブロック)

 

あなたはウォーレン・バフェットを

ご存知ですか?

 

 

『バークシャ―・ハザウェイ』という

世界最大級の投資持株会社の

会長兼CEOで、慈善団体に

370億ドル(4兆円弱)を寄付する

アメリカ長者番付で1、2位を争う

大富豪なんですよ。

 

 

そんなバフェットが生まれたのは、

世界大恐慌(1929年)の翌年

というからビックリです。

 

 

不景気でもチャンスをつかむ人は、

いったいどんな信念・価値観を

持っているのでしょうか?

 

 

ほんと爪の垢でも煎じて飲みたい

ぐらいですよ。(笑)

 

バフェットがお金に対してどんな

教育を受けて幼少時代を過ごしたのか、

そこにヒントが隠されているのでは

ないでしょうか?

 

 

バフェットの父親は、バフェットが

1歳になる直前に解雇を言い渡され、

お金の苦労をしたそうなんですね。

 

 

その後、バフェットは、何と6歳で

商売を始めたそうなんです。

 

 

『6歳で商売??』

 

それは祖父が営んでいた食料品店から

チューイングガムを3セントで仕入れて

5セントで近所を1軒1軒、売り歩いて

いたそうなんですね。

 

素晴しい!

 

 

そして11歳で、姉と一緒に1株38ドルで

3株の株式を購入。

 

 

その後、1株27ドルまで下落。

 

40ドルまで値を戻したところで売却

したそうですが、その株は長期的に

上昇し続け最終的には

200ドルになったそうです。

 

 

この経験からあわてて小さな利益を

得ようとせず、長期投資する忍耐を

学んだそうです。

 

 

ところで以前、私のところへ保険の

代理店をされている40代男性Aさんが

相談に来られました。

 

 

売り上げは悪くないそうですが、稼いだ

お金をお客さんとの付き合いなどで

ばら撒いてしまうというのです。

 

 

なぜならAさんは、
【お金を持つと幸せになれない】
というイメージを持っていたんですね。

 

 

それはAさんが小学2年生の頃、父親の

建設会社の事業が流れに乗り始めたそうです。

 

 

急に羽振りがよくなった父親に、下心

ありありに近づいてくる親戚、友人、

知人、女性。

 

 

周りにおだてられて舞い上がっている

父親は、毎晩、飲めや歌えの宴会の日々。

 

 

母親がどんなにいさめても、全く聞く気が

ありません。

 

いつしか両親の夫婦仲は悪くなり、

母親は、子供のAさんに
「お金が入ってきたばっかりにウチの家は

変になってしまった。

 

お金が無かった時の方が良かった」

と、いつも愚痴をこぼしていたそうです。

 

 

その為、子供のAさんは、

『お金=幸せになれない』

というネガティブなイメージを持った事を

思い出したのです。

 

 

そのイメージを無意識に持ち続けていた

ので、お客さんとの付き合いを理由に

お金をばら撒いていたんですね。

 

そこでAさんが子供の時に持ってしまった

お金のネガティブな感情を吐き出して

いきました。

 

 

舞い上がっているお父さん、お父さんの

愚痴を言うお母さんに対する怒りと悲しみ、

お金に群がる人達への恐怖、などなど。

 

そして最後に、
【お金を持つと幸せになれない】という

思い込みを

【お金を持ってもいい。

お金は幸せの象徴だ】

と書き換える事ができたのです。

 

 

このお金のネガティブなイメージは、

【お金のメンタルブロック】と呼ばれて、

このメンタルブロック(ブレーキ)と

アクセルを同時に踏んでもなかなか望んだ

人生に進めないのです。

 

ところで子供の頃、お金の大切さを知り

ビジネスを始めたバフェットは、今、

どんな生活をしていると思いますか?

 

 

今は、ネブラスカ州のオマハという片田舎に

住み、運転手も守衛も雇わず、小さな家で

質素に暮らしているそうです。

 

 

バフェットはどんなにお金持ちになっても、

お金の魔力には惑わされなかったんですね。

 

そういう意味でも、お金は社会に価値を

提供した対価として得られるものでいい

ものなんだと、お金に対してプラスの

イメージを持つ事が大切になってくるようです。

 

 

ところでもしあなたがお金に対してネガティブな

イメージを持たれていたらプラスのイメージに

変えてみませんか?

 

人生が大きく変わるかもしれませんよ。

 

 

 

 

岡崎哲也