メンタルブロック 戦い


fotolia_65128628 - コピー

戦い

 

今日は、終戦の日ですね。

 

ところであなたは横井庄一さんを

ご存じですか?

 

太平洋戦争の終結を知らされないまま、

アメリカ領グアム島のジャングルで

28年間潜伏し、戦い続けていた

残留日本兵です。

 

1944年、横井さんは、部下2人を

連れていました。

 

最初の困難は、空腹。

 

3人は、ジャングルに生える赤い実を

見付け、喜んで食べました。

 

すると、それは猛毒のソテツの実。

 

腹痛と嘔吐に襲われます。

 

ですが4日間、水に浸けたソテツの実は、

毒が抜け、食べることができることに

気付きます。

 

そして、カエルなどの小動物、ヤシの実

などを食べて生き延びました。

 

また、敵に見付からない様に、地中に

穴を掘り、葉で覆い、住処とします。

 

しばらく経つと、空から

「日本は敗戦した」と帰国を促す紙が

降ってきました。

 

横井さんは、

「これは罠だ、日本が負けるわけがない」

と信じません。

 

その後、グアム島のリゾート開発が進む

のを見て、敵が要塞化したと思い、

3人は希望を失います。

 

そのうち、3人は仲違いし、バラバラで

生活するようになったそうです。

 

そんなある時、グアム島に大型台風が

襲います。

 

食べ物も取れなくなり、横井さんは2人が

心配になって訪ねると、2人とも亡く

なっていたそうです。

 

横井さんが、地元の猟師に発見され、

羽田空港に到着し、日本へ帰国できたのは、

グアム派遣から約28年後の1972年、

満57歳。

 

戦前と帰国後では、ファッションも、

お金の貨幣価値も、人の考えも、全く

違うものになっていたそうです。

 

横井さんは28年間、どんな気持ちで

過ごしたのでしょうか?

 

そして以前から、このようなご相談を

よく受けます。

 

部下が思ったように動かず、同じミス

をするので、注意しても、言い訳や

別の意見をして反発すると怒りが爆発

する。

 

同じミスをしたり、動かない部下を

叱ると、すぐに辞めたり、他の社員が

委縮して会社の雰囲気が悪くなる。

嫌われたくないので叱れない。

 

自分が手本にならなければという

気持ちが自分を縛り付けて苦しい。

 

営業で断られることが、自分を拒絶

されたように感じて心が折れて行動

できない。

 

神経がいつも緊張して臨戦態勢なので、

寝る時も休みの日もリラックスできず、

熟睡できないため、身体がきつい。

 

自分や会社が同業と差別化して目立つと、

妬みやひがみ、批判、足引っ張りなど、

心無い言葉に心が傷付く。

 

などなど、これらの相談をされる方の

中には、「何かと戦っているようだ」

と言う人もいます。

 

私たちは、いったい何と戦っている

のでしょうか?

 

 

親の幻影?

ひどいことをした人?

 

それとも望ましくない行動をとる自分?

 

 

一般的に、私たちは、自分の望ましくない

行動や反応、感情、自分の弱さや欠点を、

自分の意思力や自己コントロールで

克服しようとします。

 

弱い自分、できない自分、情けない自分、

反発する自分、変なこだわりを持つ自分

を「内なる敵」として戦い続け、打ち勝た

なければいけないと考えているようです。

 

この方法は、本当にうまくいくのでしょうか?

 

私たちは、小さい時、怖い、悲しい、怒り、

つらい、などを感じた困難や危機にあうと、

どうやら自分の心の一部を切り離すようです。

 

(あなたは覚えてないと思いますが・・)

 

この切り離された心の一部は、2度と

同じイヤな体験をしたくないと、本能的

に自分を守ろうとします。

 

そして、その心の一部は、自分から

切り離された後、子供のまま時間が

止まり、成長しません。

 

そのため、私たちが成長して得た経験、

学び、選択肢、自由さえも切り離されて

いるので、同じようなイヤな出来事から

自分を守る知恵がないのです。

 

結果、心が分離した時の行動が、唯一

の方法として、その時の行動や反応を

取り続けるのです。

 

それはまるで自分であって、自分で

ないような別人格です。

 

この分離した心の一部は、防衛本能の

強力な反応パターンなので、意思力で

コントロールするのは困難なんですね。

 

では、たとえば、この望まない行動を

とり続ける自分が、横井庄一さんだと

したらどうでしょう?

 

横井さんは、日本国の命令を受け、

軍事訓練され、終戦を知らず、家族

や日本を守るためにジャングルで、

戦い続けていました。

 

分離した心の一部も、本体の成長を

知らず、子供のまま、知恵も無く、

自分本体を守るために、分離した時の

行動をとり続けているのです。

 

ですが分離した心の一部は、自分を

守ろうとしてるだけなのに、なぜ悪者

扱い、敵扱いされなきゃいけないんだと、

憤り、強く抵抗し、傷付いているかも

しれません。

 

この望まない感情や行動、反応パターン

をとる自分(メンタルブロック)を、

悪いものとして抑え込もうとすると、

さらに暴れ、こじらせてしまうのです。

 

 

そこで、試しに、望まない感情や行動、

反応パターンをとる自分に、

「今まで私を守ってくれてありがとう」

と心を込めて伝えてみてもらえますか。

 

(本当は、分離した心の一部が、どんな

状況なのか分かってあげた方が、

効果的です)

 

そしてどんな返事があるか感じとって

みてください。

 

あなたが、分離した心の一部と向き合えて

さらにビジネスと人生が開かれることを

願ってます。

 

PS.分離した心の一部と対話し、納得

して自分の心に戻ってきてもらうと、

悩みが解消されるだけでなく、

本来の自分のパワーを1つ取り戻すこと

になります。

 

セルフイメージコンサルタント

岡崎哲也

 

 

■メンタルトレーニンで営業力強化

メール講座(全10回・無料)

メルマガボタン