お金のメンタルブロック(お金を稼ぐ自信がない)


お金のメンタルブロックの1つとして

「(お金を稼ぐ)自信がない、

私は(お金をもらう)価値がない」

と無意識に感じられている人がいます。

 

特に、苦労している起業家、営業マン、

個人事業主などが、このお金の

メンタルブロックを持っている場合が

ありますが、自覚していないことが

あります。

 

また意外にも、バリバリ成果を出して

いる人にも、このメンタルブロックを

持っている人がいます。

 

このメンタルブロックを原動力に

頑張っている場合があるのですが、

身体を崩したり、思いがけない失敗

をした時などに、このメンタルブロック

が出てくる場合があります。

 

あなたはこんなことがありませんか?

◆主訴

・お金を請求する時にストレスを感じる

 

・お金を得るチャンスをわざと

逃してしまう

 

・お金をなぜか避けてしまう

 

・お金をもらう時、心理的な抵抗がある

 

・プライドが高く、自分を良く

(大きく)見せようと見栄を張って

お金を使ったり、言動をしてしまう

(自覚していない場合も多い)

 

・人にお金を使うことはできるけど、

自分がご馳走されたり、お金をもらう

のは抵抗がある。受け取り下手

 

・自分から値下げしてしまう

 

・正規料金が高く感じて、自信を

持って言えない

 

・強引な取引先やお客に対して、

心の中では不満を感じているのに

言えず、ずるずると不公平な状況を

続けている(こき使われている)

 

・お金は怖いものだと感じる

 

・自分にお金を使うこと(自分に

ご褒美)ができない

 

・人がお金を稼いだり、成功すると

悔しく、妬んでしまう

 

 

またお金ではありませんが、このような

こともあります。

 

・自分が意見を言った後に、違う意見

をされると、自分が否定されたと感じて

怒り出す。

 

・自分が知らないことやアイデアを

会議で言われると、怒り出す

 

・人に認められようとして、過剰に

頑張る。(成果も出すが身体や家庭

を壊しても止まらない)

 

・いいアイデアを持っているのに、

たぶんダメだろうと思って、発言しな

かったり、行動しない、できない。

 

・何かあると自分は大切にされて

いないと感じ、怒り出す。

ハードクレーマーになる。

 

これら

「(お金を稼ぐ)自信がない、

私は(お金をもらう)価値がない」

というネガティブな思い込みを持つ

ことで、制限がかかったり、ストレス

がかかることがあります。

 

普段は気付かないのですが、何かの時に

心理的抵抗やストレスを感じ、お金を

得ること、稼ぐことにブレーキがかかって

いることがあります。

 

これらのことを「お金のメンタルブロック」

と呼んでいます。

 

この「お金のメンタルブロック」が

できる原因は、以下のことなどがあります。

 

◆刷り込みの場面(子供の時)

・親から、強く怒られて

「自分には価値がない」と

思い込んだ。(うちの子じゃないと

家の外に出された、メシ抜きをされた、

押入れに入れられた、蔵に閉じ込め

られた、など)

 

・いい家庭で親の教育が厳しく、

「◯◯ちゃん、●●しちゃダメでしょ!」

「●●することはお行儀が悪いでしょ!」

「何度同じことを言わせるの!」

とダメ出しをよくされた。

そのため、「自分はダメなんだ、

何度言われてもできない子なんだ」

と思い込んだ。

(正しい正しくないよりも本人が

どう感じたかが重要)

 

・親から放置されて(共働きで忙しい、

片親で仕事が忙しい、育児放棄)など

で、「自分は重要ではないんだ」と

思い込んだ。

 

・学校で無視されたり、バカにされたり、

からかわれたり、いじめられて、

「自分には価値がない、自分は重要

ではない」と思い込んだ。

 

・兄弟ケンカをした時、理由を言っても

聞いてもらえず、あなたは(お兄ちゃん、

お姉ちゃん、弟、妹)なんだからあなた

が悪いと不公平に怒られた。そのため、

「自分は認めてもらえない、自分は重要

ではない」と思い込んだ。(親がどうした

よりも本人がどう感じたかが重要)

 

・テストやスポーツで頑張って、いい

点を取ったり、成果を出しても、親に

褒められたり、認めてもらえなかったり、

喜んでもらえなかった。(親がどうした

よりも本人がどう感じたかが重要)

 

・親が「自分は価値がない、自信が

ない、自分はダメだ」という人だった。

親の価値観を受け継いだ。

 

・父親にかまってほしいのに、仕事

で忙しく、家にはほとんどいなくて

かまってもらえなかった。たまに家に

いる時は、疲れていて、遊んで欲しい

のに面倒くさがられた。またイライラ

して怒ってばかりだった。そのため、

「自分は重要ではない、価値がない」

と思い込んだ。

 

・大きな怪我や病気をした時、

親からあまり大切にされなかった。

そのため、自分は重要ではない、

価値がないと感じた。(親がどうした

よりも本人がどう感じたかが重要)

 

・ケンカした時に、年上(兄、姉、

親戚、近所の人、学校の先輩)や

体格のいい子、力の強い人に一方的

に負けて、「自分は力がない」と

無力感を感じた。

 

・学校のテストやスポーツ、作文など

何かができた時は、褒められて、それ

以外の時は、褒められたり、認めて

もらえなかった。そのため「ありのまま

の自分には価値がない」と思い込んだ。

 

・お父さんがお母さんに何かの原因で

怒鳴ったり、暴力を振るっていた。

お父さん、やめて!と止に入ったが、

お前は黙ってろ!と怒鳴られたり、

ふっ飛ばされてお母さんを守れなかった。

そのため、「私は(大切な人を守る)

力がない」と無力感を持った。

 

・マンガやテレビアニメ、映画などの

ヒーロー、ヒロイン、登場人物で

「自分なんてダメだ・・・」と

言っている人と自分を重ね合わせた。

 

などなど。

 

お金のメンタルブロックは、種類に

よって外し方が違います。

 

大人になった今だったら、それは

仕方がないし、当たり前だと分かる

ことでも、子供にとっては理解できない

こともあります。

 

そのため、間違った思い込みを持って

しまうことがあるようです。

 

大人の意識では、当たり前なので

自分が子供の時に持ってしまった

間違った思い込みに、気付けておらず、

忘れてしまっていることがよくあります。

 

これが無意識、無自覚となっている

原因です。

 

また、「お金のメンタルブロック」

の全体像を知りたい方はこちらを

ご覧ください。

◆お金のメンタルブロック【保存版】

 

 

セルフイメージコンサルタント

岡崎哲也

 

 

■メンタルトレーニンで営業力強化

メール講座(全10回・無料)

メルマガボタン