お金のメンタルブロック(お金は悪いモノ②お金は人間関係を崩す)


お金のメンタルブロックの1つとして

「お金は悪いモノ、お金は人間関係

を崩す、壊す」と無意識に感じられ

ている人が少なくありません。

 

そしてお金は、「諸悪の根源」と

感じられている人もいるようです。

 

あなたはこんなことがありませんか?

 

・お金を請求する時にストレスを感じる

・お金をもらう時、心理的な抵抗がある

 

・お金を得るチャンスをわざと

逃してしまう

・お金をなぜか避けてしまう

 

・お金を見ると嫌な気持ちになる

・お金を持つと家族や大切な人が

ケンカや不仲になるのでは?

と心配になる

 

・お金を持つと胸の辺りがザワザワする

・お金は怖いものだと感じる

 

・お金を無駄使いしてしまい残らない

・お金に憎しみを感じる

 

・お金は諸悪の根源だと感じる

 

これら「お金は悪いモノ、お金は

人間関係を崩す、壊す」という

ネガティブな思い込みを持ち続ける

と将来どうなっていくでしょうか?

 

普段は気付かなくても、何かの時に

心理的抵抗やストレスを感じ、お金

を得ること、稼ぐことにブレーキが

かかってしまうことがあります。

 

このことを「お金のメンタルブロック」

と呼んでいます。

 

この「お金のメンタルブロック」が

できる原因は、以下のことなどがあります。

 

◆刷り込みの場面(子供の時)

・親が友人・知人にお金を貸して、

返して欲しいと言うと相手の態度

が悪く、避けられるようになり、

友人関係が壊れた。そのため、

お金は人間関係を崩すものだと

思い込んだ。

 

・子供の時、親戚とお金のことで、

もめてたので、お金はケンカや

人間関係を壊すものだと思い込んだ。

 

・小学生の時、同じクラスの人の

お金が無くなり、大事件になった。

その犯人は自分が怪しいと疑われて

イヤな思いをした。結局、証拠が

なく疑いは晴れたけど、お金は

人間関係を崩すと思い込んだ。

 

(自分が疑われなくても人が疑わ

れてイヤな思いをしても、お金は

人間関係を崩すと思い込むことがある)

 

・子供の時、友達にお金を貸して、

返して欲しいと言うとイヤな顔を

され、避けられるようになった。

そのため、お金は人間関係を崩す

ものだと思い込んだ。

 

・両親がお金のことで夫婦ケンカ

をしていた。

・お父さんが、お母さんにお金の

ことで暴力を振るっていた。

 

・お母さんが、お父さんにお金の稼ぎ

が悪いと愚痴や文句をよく言っていた。

 

・お父さんが仕事で忙しくなかなか

会えなくて構ってもらえず、たまに

家にいる時は、イライラして怒鳴って

いた。お金は家庭よりも大事なのか!

そんなお金なんかいらないと思い込んだ。

 

・お父さんが、仕事がうまくいかず

よくお酒を飲んで暴れていた。

 

・お父さんが事業で成功し、お金を

稼いでいた。そして愛人を作って

家に帰らず、お母さんから愚痴を聞か

された。お金は家庭を崩す悪いものだ

と思い込んだ。

 

・両親が夫婦ケンカをしていて離婚

した。両親が離婚したのは、お金の

せいだと思い込んだ。

 

・買い物のお遣いを頼まれてお金を

もらったが、お金を落としてしまい、

親から強く怒られた。お金のせいで

こんなに怒られるのなら、もう持ち

たくないと思い込んだ。

(お金を持つと悪いことが起きて

怒られる)

 

・知り合いの家で、遺産相続が原因

で、家族・兄弟ケンカとなった話を

聞かされた。

 

・マンガやニュース、テレビ、映画

などで、人を騙したり、裏切ったり、

殺したり、犯罪や戦争はお金が原因

だと思い込んだ。

 

などなど。

 

もしこれらのことで気になることが

ありましたらご相談ください。

 

これらのこと以外でも、お金に対する

自分の心の変なクセや違和感などで

したら、お役に立てると思います。

 

ご相談、お問い合わせは、こちらから

お願いいたします。

「お問い合わフォーム」

また、「お金のメンタルブロック」

の全体像を知りたい方はこちらを

ご覧ください。

 

◆お金のメンタルブロック【保存版】

 

 

セルフイメージコンサルタント

岡崎哲也

 

 

■メンタルトレーニンで営業力強化

メール講座(全10回・無料)

メルマガボタン