心のタックル メンタルトレーニング


Fotolia_4312020_XS

既に2019年がスタートしていますよね。

 

先日、女子レスリングの吉田沙保里選手

が引退宣言しました。

 

「霊長類最強女子」と呼ばれ、

個人で世界大会16連覇、

個人戦206連勝を記録し、

 

2004年アテネオリンピック

2008年北京オリンピック

2012年ロンドンオリンピック

では3連覇。

 

2012年、13大会連続世界一で

ギネス世界記録認定、国民栄誉賞受賞

を受賞。

 

吉田沙保里さんの強靭なメンタルの

ことを、テレビでやっていました。

 

お父様の栄勝氏の厳しい指導のもと、

高速タックルで世界を制してきたことです。

 

ところで、あなたは好きな人に告白して

断られたら、その後、どうされますか?

 

普通は、諦めるのではないかなと

思います。

 

ですが、吉田沙保里さんは、高校生の時、

好きな人ができて告白したけど断られ、

でもやっぱり好きだな、、と思うと、

また時間を置いて仲良くなり、

 

また告白して断られを繰り返し、計6回

も告白したそうです。

 

告白と告白の間の時間は、自分なりに

いろいろと工夫もされたと思いますが、

これは本当にすごいことだと、尊敬

します。

 

まさしく心のタックルです。

 

ではこれをお仕事に置き換えてみたら

どうなるでしょう?

 

私たちは、お客様や取引先と営業や交渉

する場面がありますよね。

 

時には、うまく相手へこちらの意図や

商品価値が伝わらなかったり、誤解を

生じてしまったりすることはありませんか?

 

また、直接、会って話をするのなら

まだしも、メールやメッセージなど

文字だけでやりとりすることもあり

ます。

 

すると、言葉足らずとなり、別の意味で

とらえられる可能性もあります。

 

あるいは、相手が非常に忙しくて

心に余裕がない時は、こちらにとっては

重要なメールなのに、返事が遅くなったり

勘違いや誤解が生じやすくなりますよね。

 

なので、たとえうまく伝わらなかったり、

返事が遅くなった時でも、自分の心を広く

持ちたいと思います。

 

そして自分の言葉の表現力を磨いて、分かり

やすく伝えたり、うまく伝わったかを確認

したりを大切にしたいですね。

 

あるいは逆に、相手が伝えようとしている

内容が自分の理解で間違ってないかを確認

するなど、コミュニケーションを丁寧に

していきたいですね。

 

「え、そういう意味だったの?」

 

そんなふうにうまく心が通じあえた時は、

格別の喜びがありますもんね。

 

「断られても6回心のタックル」

 

そんなメンタルで今年もお仕事を

されてみませんか?

 

 

 

PS.通常は、異性に6回も告白すると、

ストーカーと思われる可能性があるので

くれぐれもご注意を!(笑)

 

 

 

セルフイメージコンサルタント

岡崎哲也

 

 

■メンタルトレーニンで営業力強化

メール講座(全10回・無料)

メルマガボタン